ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Miyako / 宮古島

MIYAKO Free! “ゆるフォト”カメラマン・むらいさち×宮古島の優しい横顔

自由で、気持ちがよくて、可愛い宮古島

Photo
むらいさち
Text
寺山英樹
Special Thanks
宮古島ダイビング事業組合、JTA(日本トランスオーシャン航空)
Design
中村孝子
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ウェブマガジン宮古島

宮古島といえば、地球のダイナミズムを感じさせる迫力の“地形“が定番。
でも、むらいさちが心惹かれたのは、自由で、気持ちがよくて、可愛い宮古島。
ゆるフォト・カメラマンの感じた、宮古島の優しい横顔をご覧あれ。

宮古島のサンゴ(撮影:むらいさち)

サンゴは海の元気のバロメーター

宮古島といえばダイナミックな“地形”のイメージが強いが、うみカメラマンのむらいさちが最も心惹かれたのは八重干瀬(やびじ)に広がる元気なサンゴ礁。
「サンゴは海の元気のバロメーター。元気なサンゴは見ているだけで嬉しくて、幸せな気分になるんだ」
南北約17km、東西約6.5kmという広大なリーフ(水面近くまである根や瀬)をサンゴが覆う沖縄屈指のサンゴ礁群には、水深5mにも満たない水底に色とりどりのサンゴがびっしり。
ハナダイやスズメダイが群れるカラフルなシーンは、光と影の幻想的な地形とは対照的に、女性的で優しい横顔を見せる。
北風に弱いエリアなので、行きやすいのは南風の吹く5~9月ごろ。ベストシーズンといわれる6~8月の夏場は、波ひとつない鏡のような水面上から、カラフルなサンゴが透けて見える、なんてことも!

宮古島・池間大橋(撮影:むらいさち)

平良港から東へおよそ40~50分。池間大橋をくぐり抜け、リーフエリアに近づくと、群青色だった海の色は美しいエメラルドグリーンに一変する

宮古島のソフトコーラル(撮影:むらいさち)

浅瀬のサンゴだけでなくアウターリーフにはドロップオフのポイントもあって、ソフトコーラルや大物、群れも見どころ

八重干瀬の現地からレポートもチェック!

Special Thanks

JTA(日本トランスオーシャン航空)
http://www.jal.co.jp/jta/
沖縄へのフライトなら!
美ら島物語
http://www.churashima.net/
沖縄を旅する情報満載!
ホテルニュー丸勝
http://www.newmarukatsu.co.jp/
オーシャナ取材班の定宿。宮古島のメインストリート・西里大通りに位置する最高の立地が魅力で、アフターダイビングもホテル周辺を歩いて楽しめる。また、Wi-fiが使えて、腕の良いマッサージと酸素カプセルでダイビングの疲れを癒し、コインランドリー、器材干場があるのもダイバーには嬉しい。
宮古島ダイビング事業組合
http://www.miyako-diving.net/
広大な宮古島の海の楽しみ方は多様。数あるダイビングショップによって、メインで潜るエリアが異なり、地形オンリーから生態マクロを得意とするお店までさまざまだ。その辺のリサーチをしてから潜りに行けば、自分スタイルで宮古島を楽しめるだろう。

ページトップへ