マダラハタ大産卵の瞬間を突き止めろ! @パラオ ウーロンチャネル

マダラハタ大産卵の瞬間を突き止めろ! @パラオ ウーロンチャネル

Palau / パラオ

どこから飛び出してくるかわからないサメたちへの恐怖と興奮が入り混じった、マダラハタたちの神秘の営みを追跡した!

Photo&Text
越智隆治
Special Thanks
Day Dream Palau
Design
PnariDesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
マダラハタ大産卵の瞬間を突き止めろ! @パラオ ウーロンチャネル

Palau / パラオ

どこから飛び出してくるかわからないサメたちへの恐怖と興奮が入り混じった、マダラハタたちの神秘の営みを追跡した!

Photo&Text
越智隆治
Special Thanks
Day Dream Palau
Design
PnariDesign
ocean+α BLUE Magを見る

この記事は約3分で読めます。

見てみたい! !
撮影してみたい! !

今回のパラオロケでは、晴れやかな空の下で潜ることは一度も無かった

今回のパラオロケでは、晴れやかな空の下で潜ることは一度も無かった

話をマダラハタに戻す。賭けに出たリサーチの結果は……「大産卵の現場を押さえました!」その報告に、思わず拳を握りしめて小さくガッツポーズをした。

資料映像を送ってもらった。そこには、夜の暗闇の中、サンゴや岩陰から、煙幕のような精子と卵子を撒き散らしながら急浮上するマダラハタのペア、そのペアをストーキングする数匹のオス。そしてそのハタたちを捕食しようと激しく動き回るレモンシャークやカマストガリザメの姿が!

しかも、その捕食シーンが眼前で見られる可能性がある。

これは、見てみたい!! 撮影してみたい!!

今回の撮影で活躍したのは、4Kフォト。ここで使用している写真のほとんどが4K動画からの切り取り

今回の撮影で活躍したのは、4Kフォト。ここで使用している写真のほとんどが4K動画からの切り取り

船に戻らず、撮影を続けられるように、チャネルには交換用のタンクが用意された

船に戻らず、撮影を続けられるように、チャネルには交換用のタンクが用意された

デイドリームのスタッフたちの努力で、大産卵のタイミング、場所を確定できたため、7月の取材が確定した。
今度は自分が、暗闇の中で繰り広げられる、この凄いシーンをどう表現するかがテーマとなった。

エントリー前に、どこに水中ライトを設置するか入念に打ち合わせをするガイドたち

エントリー前に、どこに水中ライトを設置するか入念に打ち合わせをするガイドたち

今回、初めての撮影で、撮影チャンスも限られる。暗闇ということもあり、撮り逃さないようにするために、見てみたい! !撮影してみたい! !考えたのが、ライトで照らして4K 動画で撮影して、ベストの瞬間を切り取るという方法だ。趣味で押さえるのとは違い、失敗はゆるされない。
もしかしたら、ワンチャンスしかないかもしれない。
いろいろなところを考慮した結果、この方法を選択した。その成果が、このウエブマガジンに収められている。

今回のリサーチ及び、取材の総指揮をとった、片岡祥子さん今回のパラオロケでは、晴れやかな空の下で潜ることは一度も無かった

今回のリサーチ及び、取材の総指揮をとった、片岡祥子さん

次回、撮影にチャレンジする場合には、この方法は取らないかもしれないが、今後生態撮影に関しては、こうした方法で撮影した方がより、生態を表現する上で有効であると感じた取材でもあった。

ローテーションで潜り、産卵直前のマダラハタの様子をチェック。水面休息中のガイドたちは船上で泥のように眠りについていた。

ローテーションで潜り、産卵直前のマダラハタの様子をチェック。水面休息中のガイドたちは船上で泥のように眠りについていた。

FOLLOW