ダイビングと海の総合サイト・オーシャナダイビングと海の総合サイト・オーシャナ

ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Palau / パラオ

マダラハタ大産卵の瞬間を突き止めろ! @パラオ ウーロンチャネル

どこから飛び出してくるかわからないサメたちへの恐怖と興奮が入り混じった、マダラハタたちの神秘の営みを追跡した!

Photo&Text
越智隆治
Special Thanks
Day Dream Palau
Design
PnariDesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
マダラハタ大産卵の瞬間を突き止めろ! @パラオ ウーロンチャネル

「マダラハタ大産卵の現場を突き止めました!」この取材は、デイドリームパラオのガイドからの、そんなメールから始まった。
サメに狙われるリスクを負いながら、無防備な海中に上昇し、暗闇の中で放卵放精を行う。
命を賭けて子孫を残そうとするマダラハタたち。

その瞬間を狙って襲いかかろうとする何匹ものカマストガリザメ、グレーリーフシャーク、レモンシャーク!
どこから飛び出してくるかわからないサメたちへの恐怖と興奮が入り混じった、神秘の営みを追跡した!

ホラー映画を観ているような暗がりでの捕食シーン

ライトに照らされた魚を襲うグレーリーフシャーク

ライトに照らされた魚を襲うグレーリーフシャーク

バキバキ! 骨を噛み砕く不快音が海中に響き渡った。
産卵のためにサンゴの陰から飛び出したマダラハタが、カマストガリザメに襲いかかられた瞬間、戦慄のシーンが、暗幕を張ったような暗がりに映し出された。
まるで、人が、ゾンビと化した化け物に襲いかかられるホラー映画の衝撃シーンでも見ているかのようだ。
その直後、暗闇から自分の水中ハウジングに取り付けたライトめがけて別のサメが突っ込んで来た。
一瞬頭を下げてハウジングでガードの姿勢を取る。
サメはハウジングをかすめて、2回ほど頭上を旋回し「俺の獲物ではない」と判断したのか、ものすごいスピードで泳ぎ去った。

海底を這うように徘徊するレモンシャーク

海底を這うように徘徊するレモンシャーク

ここは、パラオのウーロンチャネル。
すでにあちこちでマダラハタたちが、噴煙を上げるロケットのように、暗闇の海中に上昇していく。
彼らの放精放卵は通常ならダイバーが誰も潜りに来ない時間帯にピークを迎えていた。

暗がりで、マダラハタがカ マストガリザメに突如襲われたシーンは衝撃的だった

暗がりで、マダラハタがカ
マストガリザメに突如襲われたシーンは衝撃的だった

この大産卵も凄いのだが、それ以上に我々ダイバーを興奮させるのは、産卵のために海中に飛び出したマダラハタの隙を狙って、襲ってくるサメたちの捕食シーンだ。
姿を見せたのは、グレーリーフシャークに、カマストガリザメ、そしてパラオではあまり見ることのない、レモンシャークなど。
これらのサメたちが、暗闇の中、狭いチャネル内を不気味に徘徊し、少しでも隙を見せたマダラハタたちに襲いかかる。
ときにその惨劇の瞬間は、ダイバーの眼前で繰り広げられることもある

ダイバーの為にチャネルに設置された水中ライトが、不気味に海を照らし出す

ダイバーの為にチャネルに設置された水中ライトが、不気味に海を照らし出す

Special Thanks

staff
DAY DREAM PALAU
http://daydream-dive.com/
「おはようございま~す」と朝一番からテンション高く声をかけて気分を盛り上げてくれる、デイドリームパラオのスタッフのその心遣いがうれしい。 ゲストに合わせてベテランから若手まで、すべて日本人ガイドでチーム構成されるのはデイドリームならでは。 そして、それを補うように気の利いたパラオ人スタッフが私たちのダイビングをフォローしてくれる。 毎日、帰り際のVIP 待遇のお見送りは逆にこちらが恐縮してしまうほど丁寧だが、決して悪い気はしない。 使ってみて始めて感じる、パラオ随一の居心地の良いダイビングサービスだ。

Information

08_01
龍馬で狙う「ウーロンスペシャルクルーズ +カンムリ+マダラハタ集団産卵! 」
【マラカル港発着 2017年5月23日~27日/ 2017年6月20日~24日】
http://daydream-cruise.com/2016-cruise-15
08_02
日帰りサファリトリップで狙う「マダラハタ集団産卵! 」
【コロール発着 5月23日/6月22日】
サファリでマダラハタ&レモンシャークリサーチ同行ダイブ(産卵する可能性があるので リサーチを兼ねたサファリとなります)

【コロール発着 5月24日/6月23日】
マダラハタ集団産卵&レモンシャーク+カマストガリザメ大攻防
http://daydream-dive.com/safari-2017

ページトップへ