ヘッドラインHEADLINE

じゅんちゃん @Dコミュ隊員と僕閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

リニューアルに向けてデスクワークの日々が続く。
なので、生活で起きる変化といえば、にゃんこぐらい……。

そこで、しばらくはテーマに沿って書こうと思い立つ。
さて、どんなテーマにしよう……あ!
ず〜〜っと前にテーマを立ててすっかり忘れていた「Dコミュ隊員と僕」
今こそこれにしよう。

初回は、本日、記事アップのじゅんちゃん。

Dコミュ隊員は、基本的に僕が読みたい人にお声がけし、
書いていただいているダイバーたち。
いろんなテーマに強い人が集まって、ダイビングや海の多様性が出せたらいいな〜と。

ただ、いわゆるお堅いネタを扱えるダイバーの人脈は多くあり、
逆にお声がけしたい方が多過ぎて迷うほどだが、
僕が大事にしたい、バカとかエロとかそっち方面がなかなか。
※そっち方面が好物の根強い人気の太陽系方面さんは充電中です(笑)

ダイビングは知的な遊びではあるが、おバカでおエロなことがあったっていい。

童貞の冴えない40歳が、「ロギングのとき、
おいらの肘が隣の女の子のおっぱいに当たっちまった。
ぐへ。ぐへ。ぐへへへへへ」なんて喜ぶダイビングがあったっていいのである。

いや、よくないか。さすがにこれはよくないな。
言いたかったことは、恋とかファッションとかスタイルとかエロとか
そういう浮ついた華やかな部分がダイビングにあってもよく、
それを示すためのわかりやすい手段のひとつとして、本人の意思や目的とは関係なく、
率直に言えば若くて可愛い女性ダイバーが隊員にいればなぁと。

しかし、ただ可愛いだけではいけない。何かギャップが欲しい。
ギャルっぽいのにクソ真面目、可愛いのに破廉恥とか。
そんな女性ダイバーを常日頃から漠然と探していた。

そういう意味では、「マリング」のしのっちを通して知り合ったじゅんちゃんは、
確かに可愛い子で、「しのっち、じゅんちゃん可愛い、ウヘヘヘ」
「テラさん、でしょでしょ、うへへへ」と他のおっさん同様鼻の下を伸ばしていたわけだが、
「可愛いダイバー」という認識以上でも以下でもなかった。

その印象が変わったのが、日本安全潜水教育協会や小田原セミナーなど、
減圧症や環境など、割と硬めのテーマを扱うダイバーの集まりのとき。

こうしたセミナーに集まるダイバーは意識が高いのと同時に年齢も高い。
おっさん率がはんぱなく、30代半ばの僕でも若いほう。
そんな、加齢臭漂う場所にじゅんちゃんはいつもやってくる。

ダイビングに対してとても真面目なのだ。
プロを目指していることも知り、何より好きなダイビングはTHE伊豆スタイル。
着たいのはピンクの可愛いウエットではなくロクハンで、イルカちゃんと泳ぐよりマクロ魂。
南国のイケメンガイドではなく、伊豆ガイドの背中を見上げている。

可愛いのに目指すは伊豆。これぞギャップ。
あ、いや、ご幣あること書いている気がするが、ノリですノリ。

また、そうしたセミナー会場で可愛い子の破壊力を改めて知る。
寄れば健康の話ばかりするおっさんダイバーの中にあゆテイストなじゅんちゃんがやってくれば、

当然、浮く(笑)。

じゅんちゃんの席の周りには花が咲き、やがてお花畑になって加齢臭が消えていく。
いつもは一筋縄ではいかないおっさんがその縄をほどき、
議論好きのおっさんもじゅんちゃんの意見には耳を貸す。
おじいちゃんの曲がった背筋はピンと伸び、手をかざすと病気までなおって……ゴホン、
つまり、業界の発展のためには、
ひょっとしたら減圧理論と同じくらいジャニーズやお色気も大事かもって話。

そんなじゅんちゃんもいよいよプロの階段をのぼるよう。
今後、海での活躍にも注目!

※「お色気なんのその!」っていう、女性ダイバーさんも、自薦・他薦問わずご連絡待っています!

ページトップへ