ocean+αヘッドラインHEADLINE

スキューバダイビングと化粧 ~アンケート結果はすっぴん文化~閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

ダイビングの時にお化粧しますか

先日、とある女性が「海でスッピンになると性格が変わる」とおっしゃっていた。
化粧という仮面を脱ぎ捨て人前に出た瞬間、解放感とやけくそ(?)が入り混じった、矢でも鉄砲でももってこいという心境になるらしいのです。

この辺の女性心はさまざまだが、女性ダイバーはどうしているのか、実際にアンケートしてみた結果がこちらです。

ダイバー100人に聞きました!
Q.日帰りダイビング。さてお化粧していきますか?

結果はこちら。

■朝から化粧。ダイビング後も化粧 17%
■朝から化粧。ダイビング後はスッピン 12%
■朝はスッピン。ダイビング後に化粧 13%
■1日中スッピン 56%
■その他 2%

スッピンが過半数を超える56%!

ここからは、長年、ダイバーの皆さんと話をした感触ということになりますが、化粧をしない理由は、環境面への配慮という声も聞きますが、「面倒くさい」という理由が多いようです。
また、最初のうちは化粧をしていたが、徐々に気にならず、化粧もしなくなっていくという傾向もありそうです。

化粧をすると答えた方に関しても、メイクは眉や目の周辺のみというナチュラルメイクが主流で、あとは日焼けしたくない人がウオータープルーフの日焼け止め効果のあるファンデーションなどを塗ったりする程度のよう。

では、真実を目の当たりにする男性の受け止め方はどうでしょう?

愛するあの子が、いきなりマロとなっておな〜りしてびびった男性陣もいることでしょう(笑)。

Q.ダイビング時に女性には化粧をしてほしいですか?

■しっかり化粧してほしい 2%
■少しは気にしてほしい 34%
■1日中スッピンでいい 59%
■その他 2%

男性陣の意識としても、スッピンでいいという人が過半数以上。

つまり、スッピンがいい女性陣とスッピンでいい男性陣が過半数なので、これらの層のダイバーたちはおおいに眉毛削減のエコと鼻水垂れ流しのナチュラルな感じでダイビングを楽しめばいいという結論です。

なんだか、万歳。

こうしたナチュラルな姿勢がダイビングの良いところなのかもしれませんね。

ただ、42%の女性は、ダイビングに行っても化粧をするわけで、36%の男性は化粧をして欲しいと思っているわけですが、どのタイミングで化粧するのがよいのでしょうか?

化粧する方の中では、「朝から化粧。ダイビング後も化粧」が最も多く、確かにベストのような気がしますが、男性ダイバーの、というより、私の独断と偏見では、「朝はスッピン。ダイビング後に化粧」がオススメ。

その理由は、クリパに隠されています。

ダイビングサービス(ショップ)のクリスマスパーティーや忘年会に参加して、以前、海で会っている女性にダイバーに会場で再会するとこう思うわけです。

抱きしめたい!

捕まるので実際にはしませんが(笑)、海で会ったときより、ほとんどの女性がきれいで、気が付かなかったりもします。

お化粧、服装、香水などなどでカスタマイズしたクリパの女性は戦闘値MAX。
海とのギャップに思わずハッとさせられます。
この証言は非常に多く、一般ダイバーだけでなくガイドさんからも「いつも海でしか会わないからクリパで会うと本当に驚くよ」と聞きます。

これが順序が逆だと、違う意味で「誰?」と気が付かなかったりするわけです。

ということで、一番多い答えの「朝から化粧。ダイビング後も化粧」は素晴らしい心がけですが、”好印象を与える”という意味では、「朝はスッピン。ダイビング後に化粧」が正解。

逆に「朝は化粧。ダイビング後はスッピン」が不正解となり、ガイドさんが「○○さ〜ん、いませんか〜? どこ行きました〜?」と本人を目の前にまったく気がつかなかったという悲しい出来事も勃発するわけです……。

結論。

基本、ダイビングはスッピンの文化。
化粧するならダイビング後にほんのりと

で、どうでしょう?

いろいろな人に怒られそうなので、記事は拡散しないで、こっそり書き置く。
見つかりませんように(笑)

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

ページトップへ