【9月末〆切】NAUIが若手ダイビングインストラクター育成に向け奨学金制度を導入!

この記事は約3分で読めます。

インストラクターに興味があったけど、いま一歩を踏み出せなかった方に嬉しいニュースが飛び込んできた!スキューバダイビング指導団体(教育機関)であるNAUI(ナウイ)が、指導機関として今後のダイビング業界の活性化と発展を推進すべく、次世代を担う若手インストラクターの育成サポートを目的とした、NAUIインストラクタースカラシップ制度を導入した。

NAUIインストラクタースカラシップ制度とは?

スカラシップとは「奨学金」という意味を持つ。つまり、NAUIインストラクタースカラシップ制度とは、NAUIインストラクターを目指すにあたり経済的な負担を減らすことができる制度ということだ。

年々NAUIインストラクターの平均年齢が上昇傾向にあり、業界全体を俯瞰しても、ダイバー人口やダイビングショップの減少など、ダイビング業界の活気を取り戻すための課題を抱えていると感じたNAUIは、そのような課題を少しでも克服していくためには、若手インストラクターの育成が不可欠と考え、インストラクタースカラシップ制度の導入に至った。

2022年度の希望者の募集は9月末まで。気になる制度の特典や、選考方法をチェックしてみよう。

NAUIインストラクタースカラシップ制度詳細


募集期間:〜2022年9月30日(金) 消印有効
募集人数:若干名
対象者: NAUIマスターダイバー以上の有資格者(前提資格)
※NAUIのCカード保有者でなくともNAUIが認める他ダイビング指導機関の同等資格を保有している場合も対象。
年齢:満18歳〜29歳(応募時)
応募条件:
・NAUIインストラクター資格を取得し、将来ダイビングを生業とする意思のある方。
・NAUIインストラクター取得後、数多くの人にダイビングの楽しさや魅力を伝えると共に、より多くのダイバー認定を行う確固たる意思のある方。
・NAUIインストラクターとしての誇りを持ち、NAUIの信条に基づいて、人々に安心して楽しんでもらえるクオリティの高いダイビング講習や活動をする確固たる意思のある方。
合格通知日:11月上旬

スカラシップ生特典

・リーダーシップからインストラクターまでの教材一式
・NAUIポロシャツ1着
・メンバー登録料 等
選考方法

・書類審査
・面接(対面あるいはWEB形式にて20分程度)
選考の流れ

①お近くのNAUIスクーバセンターにお問い合わせのうえ、お申込み。
②NAUIより応募必要書類およびご案内をスクーバセンター宛に発送。募集期間内に全ての書類をご手配ください。
※募集期間を過ぎて不足の書類や書類に不備がある場合は、選考対象外。
③募集締め切り後、書類審査を実施。書類審査合格者には面接(対面あるいはWEB)についてのご案内を行う。
④指定された日時に面接(対面あるいはWEB)を実施。
⑤11月上旬に合格者に合格通知とご案内を発送。
※詳細についてのお問い合わせは、お近くのNAUIスクーバセンターへ。

時には人の命を守ることを必要とされるダイビングインストラクター。一人前になるには、時間と費用がかかることは仕方のないこと。しかし、インストラクタースカラシップ制度のように、指導団体のサポートにより金額面での負担が減ることで、金銭的に余裕がない若者もはじめる第一歩のハードルが下り、多くの人が挑戦しやすくなる。この機会に、ダイビングの仕事をしたいと思っている方は、応募してみてはいかがだろう。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
東京在住。高校生の時にブラジル留学を経験。オーシャナを通じ、環境問題や海のことについて勉強中。
最近では環境に優しいアクションやアイテムを共有する姉妹Instagramアカウント「@n27_jp)」をつくり、コツコツ発信をスタート。
  • Instagram
FOLLOW