ダイビングと海の総合サイト・オーシャナダイビングと海の総合サイト・オーシャナ

企画特集FEATURE

鳥取・田後(たじり)「越智隆治はじめてのダンゴウオ」閲覧無制限

カテゴリ:楽しむ

鳥取・田後(たじり)の海・越智隆治とダンゴウオ

タイガーシャークから2ミリの世界
越智隆治はじめてのダンゴウオ
@鳥取・田後(たじり)

■撮影/越智隆治
■文/寺山英樹
■協力/ブルーライン田後

クジラやイルカ、マナティなどなど、大物の撮影をライフワークとする越智カメラマンは、3月17日にタイガーシャークの撮影から帰国したばかり。
そんな越智カメラマンと向かった先は鳥取県のブルーライン田後(たじり)
狙いは、ダイバーの人気者・ダンゴウオの撮影だが、大物ばかり撮影している越智カメラマンにとっては最小の被写体。
4メートルから2ミリの世界に連れてこられた越智カメラマンは、1日半の限られた日程でどこまで撮れるのか!? 

越智隆治はじめてのダンゴウオ・ドキュメント
~いけそうな気がしたりしなかったりの準備編~

実物大のタイガーシャークとダンゴウオの模型……と思いきや、シャチの浮輪はタイガーシャークの半分くらいで、赤ちゃんダンゴウオはもっと小さい

実物大のタイガーシャークとダンゴウオの模型……と思いきや、シャチの浮輪はタイガーシャークの半分くらいで、赤ちゃんダンゴウオはもっと小さい

越智隆治、ノーダンゴウオのダイバー人生にケリをつける決意!?

とあるダイバーに「ダンゴウオってどうやって撮るんでしょうか?」と質問されたときのこと。
越智カメラマンの口から出た衝撃のひと言。

「俺、撮ったことないし。っていうか、見たことないし」

一同、「え~~~!」。
世界をまたにかけて撮影する越智カメラマンが、ダイバーにとって超ポピュラーな人気者・ダンゴウオを見たことないとは意外過ぎます。

そんな話を、鳥取のブルーライン田後(たじり)の山崎英治さんと電話している時に何気なく話すと、「え! それなら、ダンゴウオ天国の田後でぜひデビューしましょうよ!」。
「いいですね~。やりましょう!」となったのが、昨年の9月のこと。

■鳥取・田後の海
田後のダイビングショップ・スポット情報 – ダイビングナビ

しかし、ロケに行ける日程はタイガーシャーク撮影が終わった直後の半年先しかありません。
その間、ダンゴウオが見られてもおかしくない海で潜る予定がいくつかあり、出たら出たでテーマを変えて撮ることにはなってはいたものの、山崎さんの「なるべく見ないようにしてくださいね~」の言葉が頭から離れません。
この日から、会いたいはずのダンゴウオが、なぜか見てはいけない存在となったのでした。

そこは、持っている(?)男、越智隆治。
八幡野ではダンゴが出る寸前のシーズンで見られず、その後、ダンゴが話題の伊豆のロケは流れ、ダンゴがウリの東北ロケは日程が変更になるなど、ことごとくダンゴウオを回避。
好きなのに無視してしまうツンデレな越智カメラマンです。

最大の危機(?)は、ダンゴウオといえばこの人、「不思議可愛いダンゴウオ」(河出書房新社)の著書で知られる佐藤長明さんがガイドする函館の海を潜ることになったとき。
さすがにこれは見ちゃうだろうと思っていたものの、終わってみれば「あれ? そういえば見なかったぞ」。
潜る前に「こういう企画があって、ダンゴウオ見られないんですよ~」と冗談っぽく言っていたので、おそらく気を使ってくれたのでしょう(笑)。

そんなこんなで、気が付けば越智カメラマンはノーダンゴウオのまま半年が過ぎ、ダンゴウオに会いに、鳥取ロケが実現することとなりました。

アフターダイビングで、鳥取といえばここ。鳥取砂丘へ

アフターダイビングで、鳥取といえばここ。鳥取砂丘へ

越智隆治、人生最小の被写体にとまどう

鳥取への車中、ダンゴウオとの初対面に、さぞ心躍らせているだろうと越智カメラマンに話を振ると、携帯の画面に目を近づけたり離したりしながら、「ダンゴウオ、俺、見えるかな……」と不安そう。

越智隆治47歳。
数日前まで対峙していたタイガーシャークやグレートハンマーとは違って、「老眼キラー」の異名を持つダンゴウオ。
ある意味、タイガーシャークより強敵かもしれません。

鳥取まで車でおよそ9時間。
ブルーライン田後に到着し、山崎さん夫婦たちに出迎えていただき、さっそく打ち合わせ。

「ブルーライン田後」の山崎さん夫婦

「ブルーライン田後」の山崎さん夫婦

山崎:天使のリングのような模様をした、赤ちゃんダンゴウオがたくさんいますから、ぜひ、可愛いく撮ってくださいね
越智:このサイズの被写体に関しては初めてなので、素人みたいなものかも……
山崎:またまた~。越智さんが撮ると、きっと違うんだろうな~、すごいんだろうな~
越智:これまで撮影する中で最小の被写体ですので、大丈夫かな……
山崎:越智さんが撮るんですから、幼魚が口を開けている決定的瞬間とか、エサを吸い込んでいるところとか撮れちゃったり!
越智:いや、1日半でそれは……

ハードルの高さを決める攻防が見ごたえたっぷり(笑)。

越智:大物やワイド写真と違って、こういうのは環境次第なので、ガイドさんの腕によるところも大きいですよね
山崎:いや~、そこはきっと越智さんの腕で何とか

なんの譲り合いでしょうか(笑)。

越智隆治、陸上で撮ってみて、いけそうな気がする

用意していただいた赤ちゃんダンゴウオの実物大の模型を見て、越智カメラマンは無言のち、小声で「勘弁してくれよ……」。

とりあえず、カメラで撮影、その後、ハウジングに入れて撮影、レンズを変えて……と、順を追って熱心に練習する越智カメラマン。

実物大の赤ちゃんダンゴウオでシミュレーションする越智カメラマン

実物大の赤ちゃんダンゴウオでシミュレーションする越智カメラマン

しばらくすると、「いけそうな気がする~!」。

エロ詩吟を思いついたわけではなく、準備してきたカメラ機材でしっかり対応できそうなことが確認でき、ホッとした模様です。

越智カメラマン撮影の実物大のダンゴウオの模型

越智カメラマン撮影の実物大のダンゴウオの模型

「あとは、いかに体が固定できるかに尽きる」とやる気がみなぎってきました。

越智隆治、長明さんの写真集を見て、いけそうな気がしない

撮影の展望も見え、あとは撮影のみとなった時、ふと目に入ってきた長明さんの写真集を手に取る越智カメラマン。
何やら微妙な表情を浮かべ、「これ見ちゃうとさ、なんか、何やってもダメな気がするんだけど……」

長明さんの写真をじっと見つめる越智カメラマンの胸中は…

長明さんの写真をじっと見つめる越智カメラマンの胸中は…

初めてのダンゴウオとの対面、慣れないマクロ撮影に、思いが行ったり来たりと揺れているようです。

しかしながら、何年もかけてライフワークとして撮り続けたダンゴウオに対して、こちらは1回きりのチャンス。
「1日半でどれだけ撮れるか? 撮れる海なのか?」をテーマに、いざダンゴウオとご対面です。

ページトップへ