ニューカレドニア、首都ヌメアロケスタート

ニューカレドニアの首都ヌメア(空撮)

昨日、イル・デ・パンより、国内線でニューカレドニアの首都ヌメアに移動。
ヌメアの空港に到着するなり、ヘリに飛び乗り空撮。

最初は30分の予定が、「越智さんがもっと飛びたいなら60分にしますよ!」というALIZEのマサシ君の粋な一言に、「ええ〜、じゃあ、60分で」とリクエストして、小さなヘリに乗り込んだ。
もちろん、撮影する僕らのサイドのドアは取り外してある。

ニューカレドニアの首都ヌメアのヘリコプター空撮 ニューカレドニアの首都ヌメアのヘリコプター空撮

撮影したのは、アメデ灯台やバリアリーフ、ダンベアパスやヌメアの町並みなど。
途中ジュゴンを探すが、見つからず。
でも、バンドウイルカの群れとハシナガイルカの群れに遭遇。高度を下げて撮影させてもらった。

ニューカレドニアのイルカの群れ(空撮)

60分あるから大丈夫と思っていたけど、結構あっという間に時間が過ぎてしましった。
それにしても、雲一つない快晴で、空撮日和でラッキーだった。

翌日の今日は、ブラックマンタ狙いで、PASSE DE BOURARI OUTにエントリー。
最初に向かったのは水深25mほどの緩やかなスロープ。
ここでペットボトルをばこばこ鳴らすと、グレーリーフシャークたちに混じって、2匹のシルバーチップシャークも出現!

マサシ君と二人で撮影していたのだけど、同じタイミングでシャッターを切ったために、面白い写真が撮れた。

ニューカレドニアのサメ(ストロボ同時発光)

2本目は、SOURNOIS ROCKというポイントで、マクロ狙い。

そんな感じで、ヌメア初日のダイビングは終了しました。
明日はどうなるかな?

writer
PROFILE
慶応大学文学部人間関係学科卒業。
産経新聞写真報道局(同紙潜水取材班に所属)を経てフリーのフォトグラファー&ライターに。
以降、南の島や暖かい海などを中心に、自然環境をテーマに取材を続けている。
与那国島の海底遺跡、バハマ・ビミニ島の海に沈むアトランティス・ロード、核実験でビキニ環礁に沈められた戦艦長門、南オーストラリア でのホオジロザメ取材などの水中取材経験もある。
ダイビング経験本数5500本以上。