ヘッドラインHEADLINE

水を持ち歩くことは自然を持ち歩くこと。閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ

私たちの生活に欠かせない、あるアイテムがサステナブルなパッケージに。

株式会社ハバリーズは、サステナブルな生活様式への提案として、ペットボトルではなく、紙パックのナチュラルウォーター「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER(ハバリーズ ジャパン ナチュラルウォーター)」を発売した。

公式オンラインストアで8月初旬より販売、またナチュラルローソンをはじめ小売店での展開も予定。

2020 年8 月初旬発売
330ml 小売価格160 円(税別/参考価格)・1 本につき1 円を世界自然保護基金に寄付

いかにして自然を守り持続可能な未来を育んでいくかということは、国、地域社会、企業はもちろん、一人ひとりの生活者が取り組むべき課題。
ペットボトルをはじめとしたプラスチックごみによる海洋汚染が海の生態系に多大な悪影響を及ぼしていることは世界中で問題視されており、その対策として脱プラスチック製品への注目と期待が高まっている。

SDGsな取り組み

株式会社ハバリーズは、自然の恵みである「水」を扱う企業として、SDGs(持続可能な開発目標)を企業活動の中核に据え、水源の環境保全はもちろん、主に再生可能資源を原料としている紙包材を積極的に採用。
そして、今回の紙パックを使用したナチュラルウォーターの発売は、循環型社会の構築をさらに一歩前進させるものとなる。

本製品の紙パックは再生可能資源である紙を主原料に使用し、さらに包材は世界の森林保全に貢献するため責任ある調達を確保できるFSC認証を取得している。
ヨーロッパのLCAによると紙パックはさまざまな飲料用容器の中で最も気候変動への影響が小さいと言われている。

また、SDGsへの取り組みのひとつとして本品の売上1本につき1円を世界自然保護基金に寄付。

FSC 認証とは?
国際機関である森林管理協議会(FSC / Forest Stewardship Council)により、紙の原料となる木材が森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産されていること。またFSC CoC 認証はその木材を使用した製品が消費者の手に届くまでの加工・流通過程を認証するもの。

LCA(Life Cycle Assessment)とは?
製品やサービスのライフサイクル全体(原料の採取から生産、流通、消費、廃棄・リサイクル)における環境負荷を定量的に評価する手法。

ハバリーズの商品に込めた思い

水を持ち歩くことは自然を持ち歩くこと。
外出先で、オフィスで、レジャーやスポーツで、生活のさまざまなシーンでこの水を手にすることで、お客さまに持続可能なライフスタイルへの一歩を踏み出していただきたい。その願いを込めて本製品は携帯できる紙パックで日本のおいしい水をお届けします。

公式オンラインストア / 公式ウェブサイト / Instagram / 公式フェイスブック

【製品に関するお問い合わせ】
info@havarys.com

ページトップへ