「スクーバダイビングの日」に、日本で唯一の気象神社で好天祈願が開催

宮古島の台風

2016年5月24日(火)、「スクーバダイビングの日」に、日本で唯一、天候を司る気象神社(東京都杉並区)で好天祈願が実施されます。

ここ数年、週末や連休など、ダイバーへの嫌がらせのようにやってくる台風や大雨……。
特に、昨年は気象庁による1951年の統計開始以来はじめて、1月から12月まで毎月台風が発生した年となりました。

そこで、夏のハイシーズンにベストコンディションで安心してダイビングを楽しむことができるよう、レジャーダイビング認定カード普及協議会(Cカード協議会)に加盟する、ダイビング教育機関の各代表者が集い、天候を司る神様が祀られた気象神社での好天祈願が実施されることとなりました。

願いが通じて、今シーズン、ダイバーが思いっきりダイビングをたのしめますように……。

ちなみに、個人でも参拝でき、お守りも購入できますので、ダイバーなら一度は訪れてみては!?

kishoujinja_7_20120418

★5月24日「スクーバダイビングの日」について……
スクーバダイビングのさらなる普及と、夏のハイシーズンを前に控えたこの時期に安全意識を啓発することを目的とし、レジャーダイビング認定カード普及協議会より一般社団法人日本記念日協会(代表理事:加瀬清志)に申請され、記念日として正式に登録されました。5(ゴー)2(トゥ)4(シー)=Go to Sea!(海へ行こう!)の語呂合わせと、1953年のこの頃にロバート.S.ディーツ氏によって日本にスクーバ器材が紹介されたという記録があることを由来としています。
http://www.padi.co.jp/visitors/news/pn15027.asp

★レジャーダイビング認定カード普及協議会について……
日本国内の主要なCカード発行組織11社によって構成されている団体です。ダイビングを楽しむために必要なCカード(認定証)を発行するための「最低指導基準の採択と普及」を主たる目的とし、1994年7月20日に設立されて以来「エントリーレベル基準」「インストラクターレベル基準」「スーパーバイザーレベル基準」「インストラクタートレーナー基準」を採択し、その採択基準の普及に努めています。
http://www.c-card.org/index.html

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

コメントを残す
PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。