ダイビング旅行が何倍も楽しくなる。顧客サービスが尋常じゃない「クラブアズール」とは

この記事は約7分で読めます。

海外旅行がご無沙汰な今、「また早く海外で潜りたいな」、「海外で潜ったことないけど、いつか挑戦してみたい」と思うときはないだろうか。そんなダイバーの皆さまに今、スポットを当て紹介したいのは、ダイビング専門旅行代理店(※)「クラブアズール」だ。

ダイビング専門旅行代理店によって提携するダイビングショップも異なり、提供できるサービスやツアー、特色なども異なるため、旅行の満足度がダイビング専門旅行代理店によって変化するのも事実。そんな中、クラブアズールは、ガラパゴス諸島をはじめ日本人に知られていなかった秘境へのツアーをいち早く手掛けてきたことで知名度を獲得してきた。そのためあってか、「日本のダイビング業界の“パイオニア”」として現在にわたりその名が知られている。そこでオーシャナ編集部は代表の早瀬氏にお話を伺いながら、クラブアズールがどのような旅行代理店なのか探ってみた。

※ダイビング専門旅行代理店:旅行パッケージの中に、旅行代理店が提携した現地ダイビングショップでのダイビングが含まれる商品を主に扱う、ダイビング専門の旅行代理店。一つひとつ手配すると手間のかかる、航空券やホテル、保険に加えて、ダイビングの予約までも一括して代行してくれる、旅行に欠かせない存在。

取材させていただいた代表の早瀬氏

取材させていただいた代表の早瀬氏

ダイビング専門旅行代理店、クラブアズール

1994年に誕生したクラブアズール。社員全員がダイバーで、国内外問わず、自身が感動した海・文化・食べ物をもとに「こんな潜り方・こんな体験をすれば、皆さんにもっと楽しく過ごしてもらえる」、「この海はこんなふうに遊ぶ!」ということを日々考えながら、独自開発・提案型の旅行商品を発信し続けているのが特徴。モルディブやメキシコに自社クルーズ船も所有し、日本人の専属ガイドをつけたダイブクルーズツアーも提供している。ちなみに、「アズール(AZUL)」とは、スペイン語で「青い」という意味で、地球を取り巻く海の青、そして空の青からインスピレーションを受けているそう。

クラブアズールは海外ダイビングのパイオニア!?

クラブアズールを語るにあたり特筆すべきは、やはり日本のダイビング業界の“パイオニア”であるということではなかろうか。今では、アシカやジンベエザメなどの大物と会える地として知られるメキシコやコスタリカといった中米エリア。しかし、かつては日本からは遠く離れていることや、日本の旅行代理店と現地の間にコネクションがないことからツアーが確立されておらず、未踏の地であった。

そんな中、クラブアズールは、アメリカのロサンゼルスに支社オフィス(以下、アメリカオフィス)を構えている強みで現地のコネクションを最大限に活用し、アメリカの隣国であるメキシコのラパス・コスメル、そしてコスタリカのココ島でのスキューバダイビングの楽しさを日本に初めて紹介したのだった。

アシカに会える海、メキシコ

アシカに会える海、メキシコ

では、一体どのような経緯で日本への導入に成功したのだろうか。代表の早瀬氏にお話を伺った。

「たとえばラパスは、当時、飛行機による大量送客の時代だったので、ロサンゼルスからの往復航空券が3〜4万円ほどの安さでした。さらに直行便約2時間半という行きやすい距離。日本からロサンゼルスまで行ってしまえば、その先気軽にラパスまで行くことができたんです。今でこそアシカで有名な地として知られていますが、当時の日本人でアシカを見たことがある人も少なかったことから、“新しいダイビングの目的地として絶対におもしろい”と確信しました。アメリカオフィスのスタッフはメキシコとのコネクションを存分に活かし、パッケージツアーの確立に成功しました」。

では、コスメルはどうだろう。「ロサンゼルスから約4〜5時間の場所ですが、そこには世界でも指折りの美しい海、カリブ海が存在しています。ここでは、アメリカオフィスのスタッフがラパスで培ったメキシコ内での人とのつながりから派生して開拓していきました」。

もし、クラブアズールの存在がなければ、私たち日本人ダイバーが中米エリアを潜れる日はもっと後だったのかもしれない。

「やはり、現地のネットワークがある、そして信頼できる人・会社と手を組めている、ここがクラブアズールとしての最大の強みでありメリットかなと。日本に向けたパッケージツアーを短期間ではなく今まで長い間続けてこられたのは、両者の信頼関係があってのものだと自負しています。

またアメリカは、スキューバダイビング発祥の地でもあり、世界的なダイビング指導団体PADIの本部があったり、スキューバダイビング業界の中で最も大規模な展示会『DEMAショー』が開催されたりと、世界中のダイビング業界の先端を行く国。そこに我々のオフィスがあったことで、最新情報をいち早くキャッチすることができています。今となっては増えてきた海外での日本人向けのチャーター船によるダイブクルーズも、アメリカでの市場動向を見ながら日本企業の中で先陣を切ってスタートしました。それが、現在モルディブにある『FUN AZUL号』という自社クルーズ船のきっかけとなっています」。

アメリカオフィスの存在や早瀬氏の思い切った舵切りがあったからこそ、日本人がまだ見ぬ海への入り口を切り開いていくことができたようだ。

クラブアズールがお客さまに提供したいこと

クラブアズールの強みは、アメリカオフィスだけではない。旅行のプロとしてのお客さまへのサービス精神は、目を引くものがある。

「我々の根底にある想いは、“お客さまの憧れの海、憧れの町、憧れのホテルなど、お客さま一人ひとりの夢・憧れを実現するお手伝いをしたい”ということです。日本人にとっての秘境や情報が少ない場所をご案内してきたノウハウがあるので、日本から出発して飛行機の乗り継ぎ方法、出口番号、ピックアップ場所などすべてを事細かく記したマニュアルをお客さまに合わせて制作し、できる限り迷ったり不安にならないようにしています。たとえばモルディブツアーのマニュアルは8枚にも及びます(笑)。これだけ長いマニュアルをお渡しするのは我々だけじゃないですかね。

ダイビングは出航の時間が決まっているので、少しでも遅れてしまってダイビングが1本分減るとかなりショックですよね。ダイビングというスポーツ自体が、未知との遭遇で、その未知の道程での不安を取り除くことが、水先案内人としての使命だと考えています」。

お客さま一人ひとりが最大限に楽しめるように、十人十色の要望に可能な限りお応えして、カスタマイズしたツアーを丹精こめて提供しているのだ。

「我々のポリシーを一言でまとめると“ホスピタリティに溢れ、かつ責任感のある会社と提携することにより、お客さまに最高の時間を提供できる”ですかね!」と話す。

ツアー参加者との集合写真

ツアー参加者との集合写真

海外ダイビング旅行の今

最後に、誰もが気になるであろう海外ダイビング旅行の現状を伺ってみた。

「モルディブやアメリカ、メキシコは、2021年から旅行業界も動き始めていたように思いますが、日本を含めたアジアは他国に比べると、活発に動き始めるにはまだ少し時間がかかりそうですね。一方で、コロナ関係の規制が緩和されている国も増えてきているので、2023年の年明けごろからは徐々に日本から旅行する人や海外旅行ツアーも増えてくるのはないかと見込んでいます。昨今で行きやすいのは、フィリピンやタイ、そしてインドネシアのあたりではないでしょうか。飛行機の便数も増えてきて、かつ通貨がUSドルではないので円安の影響も受けないのでおすすめです」。

初めて行く海外ダイビング旅行でも、長年のノウハウと徹底したサポートがあれば、安心して楽しめそうだ。今すぐに海外ダイビング旅行ができなくとも、クラブアズールのサイトを見て次の目的地を探してみるのもいいかもしれない。

クラブアズール厳選のおすすめツアー6選!

クラブアズールが今、おすすめするダイビング旅行先をピックアップ!ちょっと贅沢なツアーから、気軽に行きやすい価格のツアーまで幅広く提供中。

モルディブ
新艇“BLUE”で行くラグジュアリーな大型船で最高のダイビングライフをご提供。クルーズには最短6日間のショートトリップから最長10日間のロングトリップまで。ジンベエザメやマンタが一番の目玉。

自社クルーズ船『FUN AZUL号』

自社クルーズ船『BLUE号』

モルディブ特有のパウダーブルーサージョンフィッシュの群れ

モルディブ特有のパウダーブルーサージョンフィッシュの群れ

メキシコ・ラパス
バハ・カリフォルニア半島とコルテス海に面する大物三昧のダイビングを楽しめるスポット。デイトリップ、キャンプ、クルーズのスタイルから選ぶことができ、100%アシカに会うことができるポイントもある。

自社クルーズ船『バレンティーナ号』

自社クルーズ船『バレンティーナ号』

人懐っこいアシカ

人懐っこいアシカ

フィリピン・セブ島(マクタン / モアルボアル / リロアン)
島々に点在するダイビングポイントは世界中から集結するダイビングの聖地。一面のサンゴ礁、レアなマクロ生物、巨大なイワシ玉、ジュゴンなど、バラエティに富んだ海は必見。

大迫力のギンガメアジの群れ

大迫力のギンガメアジの群れ

巨大なイワシ玉

巨大なイワシ玉

小笠原諸島
東洋のガラパゴスと称される東京都の秘境。ボニンブルーと称される海の青さは、ただそこにいるだけで癒されること間違いなし。ダイビング中にイルカに遭遇することも。

西表島
島全体が国立公園に指定されている大自然。ワイドもマクロもバラエティ豊かなな海。400種を超えるサンゴは圧巻の迫力。

奄美大島
鹿児島県に点在する奄美群島の中で最も大きな島。森の栄養分が存分に海に流れ込んだ絶景の海。25m以上の透明度がある、南国らしい海が広がっている。

Amazonギフトカードプレゼント! アンケート実施中

アンケート回答+クラブアズールのLINEお友達追加してくださった方の中から抽選で限定20名様にAmazonギフトカードをプレゼント!皆さまのご回答は、クラブアズールにおいて今後の商品改善に活かしていきます。下記よりご回答ください。※回答は10月31日まで
アンケートに回答する

クラブアズールLINE友達追加キャンペーン実施中!

お得なクーポンをGETしよう!

無料オンラインセミナー実施中!

アズールスタッフが、世界のダイビングエリアとオンラインでつないで最新情報を配信。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
2018年、電子部品メーカーに新卒で入社。同時にダイビングも始める。平日は広報室で社会人としての経験を積みながら、土日は海通い。次第に海やダイビングに対しての想いが強くなりすぎたため、2021年にオーシャナに転職。
現在はライターとしてネタ探しに目を光らせているが、海やダイビングについての記事を書けることに幸せを感じている。ダイビングをもっと広める!子どもたちの未来にも綺麗な海を届ける!そんな想いで日々活動している。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW