+

ヘッドラインHEADLINE

アパレルブランド”LIBJOIE”からサスティナブルラインが新登場閲覧無制限

カテゴリ:
TOPICS, FASHION
タグ:

19万人以上のフォロワーを有するインフルエンサー”YUKI“がディレクターを務めるアパレルブランド「LIBJOIE (リブジョア)」から、地球環境に配慮した取り組みを拡大したサスティナブルラインLabelC(ラベルシー)が新たに登場した。

「LIBJOIE 」は、”Set your soul free”をテーマにした、何事にも縛られない自由を謳歌する女性のためにむけたブランド。全ての新作アイテムが購入出来るのは公式オンラインストアのみ。

ECサイト:https://libjoie.shop/

サスティナブルラインLabelCとは?

LabelCの定義は、下記サスティナブルな項目に属するアイテムであること。また、商品タグに関しても環境に配慮したものであると言う。

現在は、マスク、下着、トップス、ボトムスの4カテゴリーで展開されている。

“LabelCの定義”

●アニマルフリー(動物愛護) 
ウール・革・毛皮・シルク・アンゴラ・フェザー(ダウン)・シェルなど動物性の素材を使用しない。動物に優しい取り組み。

●ローカルメイド
日本国内生産による、安心安全で顔が見える服作りに特化。

●環境に配慮した素材
化学繊維を使用しない。地球に還る素材の使用。

●リサイクル素材の活用
廃棄になる素材のアップサイクル・資源の再生繊維。

●オーガニック
化学農薬や化学肥料を使用せず、地球を汚染から守る。

化学農薬や化学肥料なども、川を伝い最終的に海へと流れ出る。

消費者からすると、環境問題を意識した生活をしていても「自分が身につけている物が、作る工程で海洋汚染に繋がっていること」はどうしても気づきづらい部分。LabelCのように定義されているブランドが存在することで購入する際の選択肢を増やす事ができる。

環境問題に向けたLIBJOIEの課題と目標

現在LIBJOIEが抱える最も大きな課題は、下記2点。
・素材がエコではないネームや梱包資材の在庫がある
・保管在庫が0ではない

この課題を、3年以内に解決することを目標としている。
 

ブランド2周年とローンチに伴い、展示会の開催が決定!

展示会情報
日程:
3/27(土),12:00~19:00
3/28(日)11:00~18:00
 
場所:ink. by CANVAS TOKYO @
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町11-12 日進ヒルズ代官山 1F
https://ink.canvas-tokyo.com

予約方法:オフィシャルWEBストアTOPページから
https://libjoie.com/

※感染対策に伴い、予め来店人数を把握するため予約制
※当日一般でも入場できるが予約の方を優先入場。また、予約で制限人数に達した場合は予約枠の締め切り、その時間帯の一般入場の制限する場合有り。

ブランドディレクターのYUKIさんは、「環境や動物を救うことができたらという思いがある」と今年スタートした自身のブログに綴っている。インフルエンサーとして同世代の女性から支持されている彼女の今後の発信にも注目だ。

ページトップへ