ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Peleliu / ペリリュー

STAR WARS in Peleliu ペリリューのスターウォーズ

in PELELIU CORNER

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
Day Dream Peleliu Station
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200707_peleliu_starwars_cover

in PELELIU CORNER

本来なら、コース取り大失敗のはずだった1本のダイビング。その失敗が、僕たちダイバーを脅威の新事実へと導いた。今まで見たことも無いような信じられない光景が眼前に広がった。新たな海の表情を垣間見るということはときに通常の行動を逸脱する必要があるのだと痛感させられた。数万ものイレズミフエダイの大群が大放卵、大放精を行い巨大なブルシャークたちが捕食に姿を見せる。宇宙空間での空中戦を見ているような混戦常態。こんなシーン、今まで見たことがない。

ペリリューのスターウォーズ

通常コースを外れるハプニングがもたらした新事実

カレントチェックでペリリューのスターウォーズ潮の流れを読んで、ペリリューエクスプレスを潜るコース取りを決定する。流れを横切りながら、ペリリューコーナーの先端までをベストのルートを選んで進んでいく。「早朝の方が、流れが弱く、撮影もしやすいんですよ」というガイドの秋野さんの一言で、その日1日だけ早朝ダイビングロケを行うことになっていた。数人のゲストと一緒に、日の出前、まだ暗い時間帯に、眠い目をこすりながらバンに乗り込み、島の南にあるキャンベック湾に向かう。まだ薄暗い中、この時間帯に多いサンドフライを避けるようにボートに乗り込み出発した。水平線にかかる雲間から朝日が昇り始め、空が徐々に明るくなってきた。そんな時間帯にエントリーを開始する。(こんなに朝早く潜るなんて、とても、毎日続ける気にはなれないな……。まあ、撮影で潜るのは今日だけだから)。そう思いながらカレントチェック、ブリーフィングシーンを撮影しながらエントリーを待つ。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

デイドリーム ペリリューステーション
http://www.daydream.to/peleliu/

来シーズン(2007年11月1日~)からペリリューステーションの指揮を執る人物が交代する。ステー ションの立ち上げから開発までの2シーズン、この海に関わってきた秋野大さんがコロールに移動し、今までコロールで指揮を執っていた遠藤学さんへとバトンタッチして新生ペリリューステーションが11月よりシーズンインすることになった。スタッフも大幅な変更があり、ガイドのスタイルも様変わりするかもしれない。そんな新生ペリリューステーションにも今後期待していきたい。

ページトップへ