ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Similan / シミラン

シミランクルーズ始動!

タイ・edive 2008-2009

Photo&Text
越智 隆治
Design
maya
Special Thanks
edive
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200808_similan_cover

タイ・edive 2008-2009

タイの人気ダイビングクルーズのシーズンが今年もやってきた。日本人ダイバーにとってもすでにかなり認知されているシミランクルーズは11月にシーズンインして5月のGWまでという半年間の期間限定クルーズだ。残りの半年間は、雨季で激しく雨が降り続き西風も強く吹くためにまったく催行されていない。タイのサービスの中でも経験豊富で生物に詳しいガイド陣がそろうediveのシミランクルーズが今年も始動する。

タイ・シミランクルーズ

大好きなのは、「トトロの根」

まずシミラン諸島は、タイ・シミランクルーズ南北に連なる8つの島々から構成されていて、ダイビングスポットはその島々の間に点在している。島の西側は、岩がちで豪快な地形ポイント、東側には、揺るやかなスロープ状の砂地に、ソフトコーラルやハードコーラルの根が点在する、癒し系ポイントが点在している。
中でも美しいのが、アニタズリーフにある巨大なハマサンゴの中に、極彩色の彩りを放つ、ソフトコーラルが群生している、通称「トトロの根」。いつの頃からそう呼ばれるようになったのだろうか。もちろん日本人ダイバーの間だけの呼び名だとは思うが、巨大なハマサンゴがトトロのように大きくて、その中のソフトコーラルの群生が、まるで御伽噺の世界のような美しさを放っているからそう呼ばれているのだろうか。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

0812similan_pic09
edive
http://www.edivekhaolak.com/

サービスの雰囲気は、基本的にきちっとした感じではな く、スタッフたちは、友達感覚でゲストと接する。そのためか、ゲスト、特にリピーターとの雰囲気は、とてもアットホームだ。そのアットホームさが嫌味でなく、居心地が良いのは、リピーター率の多さに伺える。ダイビングに対しても、うるさく言われることはない。「ある程度ルールを守ってくれれば、船上でも、ダイビング中でも好きにしてもらっていいです。ゲストの個性を生かすダイビングを心がけてるっていうのかな」と基本は放任ダイビング。しかし、タイでのガイド歴が長く、経験豊富で、魚にも精通した精鋭ガイドたちが、彼らなりの視点で、アンダマン海の魅力をしっかりと案内してくれることに関しては、長年ediveで取材している自分が保障する。昨シーズンも、新たにボン島でアフリカンリーフバスレットの生息を確認するなど、魚のリサーチにも余念がない。

ページトップへ