ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iwate / 岩手

三陸の海を取り戻せ!

東日本大震災で被災した岩手県にて「三陸ボランティアダイバーズ(仮称)」による水中清掃活動が始動

Photo&Text
楠哲也
Special Thanks
綾里漁業協同組合
Design
tomato
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
sanriku

三陸ボランティアダイバーズ

ローカルダイバー、くまちゃん(佐藤氏)の支援活動

 2011年3月11日はダイバーならずとも世界中の人々が忘れられない1日となった。自然の恩恵を受けてきた私たちは、同時に自然の脅威も見せつけられることになったのだ。岩手のオフシーズンである3月、くまちゃんは彼の第二のフィールドとも言うべきタイのカオラックにてダイビングガイドとして働いている時期。津波の一報を受け、岩手に残した家族と自らのフィールドを案じてすぐさま日本に帰国する。破壊と混乱で東北地方への交通が麻痺していた3月15日、なんとか岩手に辿り着き家族の無事を確認した彼は、その足で被災地へと赴いた。

三陸ボランティアダイバーズ

 その彼が目の当たりにしたのは・・・皆さんも良くご存知のあの凄惨な現場だ。ありとあらゆる物が流され、恐怖におののきなす術も無い人々を見て、彼は決意するまでもなく支援を始めていた。散乱する瓦礫を掻き分け、バンコクや秋田から調達した物資を被災地の最前線に届ける日々。一方、彼の帰国と同時に身近なダイバー仲間からの後方支援が始まった。具体的には彼の活動に賛同し義援金を集めること。そして、輸送手段が整ってからは救援物資を送ること。親類や地元の友人と協力し、支援の輪はどんどん広がった。公的な義援金はすぐには運用されず、自治体に集まる救援物資は分配されないまま山積みになっているなか、規模は小さいながらも彼らの被災者に対する直接的な支援は共感を呼び、全国、果ては海外からの支援も集まり始めるようになった。

三陸ボランティアダイバーズ

 ごく個人的な支援活動から始まった動き。彼の行動は人々の心を動かし、今、大きなムーブメントとなりつつある。

Information

specialthanks
三陸ボランティアダイバーズ

東日本を襲った、千年に一度とも言われる未曾有の大震災。被災地で「今、ダイバーが出来ること」を考え、漁協の協力のもと本格的な水中清掃活動を開始。

綾里漁業協同組合

三陸ボランティアダイバーズ

ページトップへ