ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iriomote Island / 西表島

豪快さと優しさ、西表島の海に

男らしいハードな海と女性的で優しい海

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき西表
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
iriomote

Iriomote Island / 西表島

豪快さと優しさ、西表島の海に

男らしいハードな海と女性的で優しい海

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき西表
Design
Panari Design
HTML WEB MAGAZINEを見る
iriomote

西表島オガン三の根、東の根

超豪快!三の根、東の根

 7カ所あるオガンのダイブポイントの中でも、豪快さを極めるのが、三の根と東の根。ダイバーの間でも「オガンに行ったら、絶対三の根と東の根に入りたい!」とリクエストがある程、最も人気のあるポイントだ。

 オガンからボートで15分程離れた三の根という隠れ根。かなり広範囲に広がる根には、これまた良い感じの潮がかかり、イソマグロの群れや、カスミアジの群れが見られる他、ジンベエザメやタイガーシャークが目撃された事もあるという。

西表島オガン三の根、東の根

 今回は、60匹程のイソマグロがかなり密にまとまって、流れに乗ってホバリングしているところをカメラに押えた。撮影には至らなかったけど、巨大なナポレオンが、僕らと微妙な距離を保ちながら泳ぎ続けた。カスミアジは、少し時期が早いとのことで、大きなまとまりを見ることはできなかったが、GWから夏にかけては、きっと大きな群れが期待できるはずだ。

 地形的に、一番豪快なのは東の根。西表島オガン三の根、東の根巨大な岩の壁のトップにつかまって、潮の当たる壁面前に群れる魚群を堪能するために、潮が当たっている時は、激流に逆らってのダイビングになる。潜れるのは丁度壁面に潮が当たる下げの時間帯のみ。

 この日はそれほど激流では無いにしても、壁のトップに固定したアンカーロープにつかまりながらの潜行では、前にいるダイバーの吐き出したエアがもろにかぶさって来るほどに流れていた。それだけで、大物や群れが期待できた。

 水深17mの壁のトップに到着し、エッジにへばりついて眼下を見下ろすと、そこにはヒメテングハギとテングハギモドキの巨大な群れが。つかまらなければいけない程の激流では無かったので、壁面を越えて、群れを撮影し始めたその瞬間、どこからともなく、無数のツムブリが僕を取り囲み、しばらく暴れ回って、またどこかへ姿を消した。大物回遊魚の群れに取り囲まれたときの幸福感と興奮は、何度味わっても止められない。これこそ、ダイバーの特権だ。

西表島オガン三の根、東の根 オガンの洞窟ポイントでは、ケーブに差し込む青い光を楽しむとともに、18mの横穴を抜けた先にある、階段状の地形を見学。その後ガレ場で、卵を抱えたキンチャクガニ、ヒメメンコヒシガニ、カエルアンコウモドキなどのマクロを堪能。

 群れ有り、大物有り、地形有り、マクロ有り。何でも楽しめてしまう“オガン”が、ダイバーに人気があることも納得が行く。

Special Thanks

ダイビングチームうなりざき西表
http://unarizaki.com/iriomote/

西表島でも最大の規模を誇るダイビングサービス。ジェットエンジンを搭載した62フィート、定員はそれぞれ約40名。温水シャワー、水洗トイレを完備した大型のダイビングボート3隻と定員14名、38フィートの小型ボートの4隻を駆使して、多くのダイバーのレベルやニーズに合わせたダイビングを提供してくれる。 季節によってリーズナブルな宿泊とダイビングのパッケージを提供中

3泊4日DIVEプラン¥34,230〜 詳細、ご予約は、うなりざき西表のWEBから

ページトップへ