スリランカ ホエールウオッチング 北東部海岸トリンコマリーと世界文化遺産を巡る旅

Sri Lanka / スリランカ

内戦が終結してツーリストに門戸が開かれ始めた未会開の海へ、世界文化遺産を巡りながらのリサーチダイビング!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
エス・ティー・ワールド
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Sri Lanka / スリランカ

内戦が終結してツーリストに門戸が開かれ始めた未会開の海へ、世界文化遺産を巡りながらのリサーチダイビング!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
エス・ティー・ワールド
Design
Panari Design
ocean+α BLUE Magを見る

この記事は約3分で読めます。

ピジョンアイランドでダイビング

スリランカ、ピジョンアイランドでダイビング(撮影:越智隆治)

世界文化遺産群は、スリランカ内陸部にある。
この遺跡群を抜けて、たどり着いた北東部トリンコマリーで潜ったポイントは、ピジョンアイランド周辺。
トリンコマリーの町より、北にあるニラヴェリ沖にある小さな無人島で、周囲にはいくつかの岩礁が点在している。

スリランカ、ピジョンアイランド(撮影:越智隆治)

ピジョンアイランドにも上陸できる

1963年に国立海洋公園に指定され、100種以上のサンゴ、300種以上の魚類が生息しているとされていて、生物の多様性が高く評価されているのだそうだ。
ビーチの目の前には、浅いサンゴのリーフが広がり、スノーケルで楽しめる。
ブラックチップシャークが6~7匹、集団で姿を見せたこともあった。

スリランカ、シビレエイの仲間(撮影:越智隆治)

シビレエイの仲間を発見

ダイビングポイントはどこも岩がちで、水深は20mも無い。
この時期、外洋の深海から、「黒い水」が押し寄せる時期があると言われていて、その期間は1ヶ月程続くのだそうだ。
丁度そのタイミングで取材に訪れてしまったため、透明度に関しては、期待外れ。

スリランカ、ピジョンアイランド(撮影:越智隆治)

ピジョンアイランドの周囲は、浅くて岩がちな地形が多い

しかし、確かに、魚影の濃さは伺えた。 
できれば、透明度の上がると言われている4月頃に、またこの海に戻ってきたいと思っている。

スリランカのスカシテンジクダイ(撮影:越智隆治)

サンゴの上には、スカシテンジクダイが群れる

スリランカのウミガメ(撮影:越智隆治)

サンゴエリアでは、ウミガメも良く目にした

FOLLOW