ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Philippines / フィリピン

セブ島ボルホーン、BLUE CORAL南セブ支店 始動!

BLUE CORAL南セブ支店がボルホーンにオープン、ナイトロックスも導入!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
BLUE CORAL
Model
Kaoruko Inou
Design
Yoshiko Murata
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201306_cebu_boljoon_325_230px

南北に細長いフィリピンのセブ島。島の全長は約225km。
今、同島の南に注目が集まっている。

その中心は、オスロブのジンベエザメダイビング。
天候さえ良ければ、ジンベエ遭遇率ほぼ100%のオスロブの海まで車で約30分のところ、ボルホーンという町に、2013年BLUE CORAL南セブ支店がオープン。

ナイトロックスも導入して、本格的に日本人ダイバーの受け入れをスタート。

今回、この南セブ支店に滞在して、オスロブ、スミロン、バリカサグ、そしてボルホーンのハウスリーフを潜った。

レストラン&バーから、穏やかな海を眺める。何も無い贅沢を感じる

レストラン&バーから、穏やかな海を眺める。何も無い贅沢を感じる

海に面した山に囲まれた
小さなナチュラルリゾート

BLUE CORALが南セブ支店をオープンしたボルホーンは、本店のあるマクタンから車で約2時間半。
南北に長いセブ島の南東岸に位置する。

支店があるのは、海まで張り出した山と山に挟まれたクラブフォートメッドという小さなナチュラルリゾート。
週末には、ローカルの観光客が、家族連れで海水浴を楽しみにやってくる。
とは言っても、クーラー、温室シャワーは全室完備。

週末には、ローカルの観光客が遊びにやってくる

週末には、ローカルの観光客が遊びにやってくる

今までであれば、飛行機で到着すると、マクタンの空港近くのホテルに宿泊。
翌日早朝に車で3時間かけてオスロブへジンベダイブという感じだったけど、到着した夜の内に、車でボルホーンまで移動して宿泊できるようになったので、朝は結構のんびりスタートできるようになった。

敷地内は緑の芝生に覆われている。
決して高級とは言えないリゾートだけど、こういうフィリピンの田舎チックな雰囲気は悪くない。
夜はどこにも遊びに行けるような場所も無いから、星空でも眺めてのんびりビールでも飲みながら過ごすスタイルだ。

コテージは、こじんまりしていて可愛い色彩。オーシャンビューの2棟には、冷蔵庫も完備

コテージは、こじんまりしていて可愛い色彩。オーシャンビューの2棟には、冷蔵庫も完備

海岸の目の前にある小さなレストラン&バーは、ダイビング後の憩いの場になっている。
海風にたなびく色鮮やかなフラッグが並び、何も無い海の風景にアクセントを与えてくれている。
その先に、BLUE CORALのダイビング用バンカーボートが停泊している。

フロントにあるセブの地図でどこにいるのかを説明するBLUE CORALのヒロさん

フロントにあるセブの地図でどこにいるのかを説明するBLUE CORALのヒロさん

Special Thanks

cebu_boljoon_201306_224px
BLUE CORAL
http://www.bluecoral.jp/

マクタン島のホワイトサンズに本店を持ち、バンカーボート6隻を所有。
本店の他、ボホール、ドゥマゲティ、そして今回特集したボルホーンの南セブ支店と3店舗の支店を持つ。

他の日系ダイブショップに先駆けて、ナイトロックスシステムの導入を進めている。
本店には、2013年1月から、南セブ支店では、2013年5月から、本格導入。
より安全にダイビングが楽しめるようになった。

南セブ支店からのダイビングポイントは、今回特集したバリカサグ、オスロブ、スミロン、ハウスリーフの他、カシリスリーフというポイントが射程圏内。

Cebu ClubFortMed(クラブフォートメッド)
http://cebu-clubfortmed.com/

南セブ支店のあるクラブフォートメッドは、セブからだと、ボルホーンの町に入る手前に位置している。
BLUECORALの支店は、敷地内の海に向かって右手奥にある。

Wi-Fiは、フロントと食堂、BLUE CORALのショップ内エリアで使用可能。
客室は、ホットシャワー、クーラー完備。
冷蔵庫のある部屋は2部屋のみ。

ページトップへ