ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Onna / 恩納村

竜宮の海 夏の沖縄、恩納村へ

恩納村の驚くべきサンゴの大群生とスミレナガハナダイのコロニー!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
ベントスダイバーズ
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201306_onna_325_230px

Onna / 恩納村

竜宮の海 夏の沖縄、恩納村へ

恩納村の驚くべきサンゴの大群生とスミレナガハナダイのコロニー!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
ベントスダイバーズ
Design
Panari Design
HTML WEB MAGAZINEを見る
201306_onna_325_230px

天女が舞う?
スミレナガハナダイのコロニーに潜る

「RYUGU」同様に、深場のリサーチ中に発見した目玉のポイントがもう一カ所ある。
それが、水深45mの根にあるスミレナガハナダイのコロニー。

サンゴの大群落が竜宮城ならば、こちらは、カラフル天女のように、舞い踊る、スミレナガハナダイが乱舞する宴の間とでも言えるのではないか。

少し水深は深いが、深紅の衣を纏ったハナダイたちの姿は、本当に美しい。

乱舞する、スミレナガハナダイ。中にはケラマハナダイの姿も

乱舞する、スミレナガハナダイ。中にはケラマハナダイの姿も

深いけど、エントリーポイントから距離的にもそれほど遠くは無いので、熟練ダイバーであれば、問題無く見に行ける場所ではある。
しかし、多少時間をかけての撮影となると、シングルタンクの他に予備タンクを持って行ってもらえた方が安心。

ということで、取材のときの拓ちゃんの装備はご覧の通り。

緊急用のベールアウトを持って潜る拓ちゃん

緊急用のベールアウトを持って潜る拓ちゃん

スミレナガハナダイのオス、メスだけでなく、ケラマハナダイの個体数も相当に多かった。

それに、根になっていて、あまりハナダイたちが逃げ回らないので、群れの写真撮影が取りやすかった。

フォト派で、こういうワイド写真を撮りたい方、船が他のサービスと乗り合いなので、その都合もあるかもしれないけど、リクエストしてみてみるのもいいかもしれない。

スミレナガハナダイの群れ(撮影:越智隆治)

今回は、恩納村のサンゴに着目して取材をした。
再生してきたサンゴや、深場のサンゴを美しく表現することはなかなか難しいことなのだけど、それ自体は、沖縄本島の海にとって、とても重要な事だと思う。

恩納村の陸と海

ダイヤモンドビーチは「沖縄」の風景そのもの

ダイヤモンドビーチは「沖縄」の風景そのもの

クジラの絵が映える沖縄の空

クジラの絵が映える沖縄の空

沖縄の風景に、おじーの姿はかかせない?

沖縄の風景に、おじーの姿はかかせない?

夕日が沈み、オレンジに染まった恩納村の海

夕日が沈み、オレンジに染まった恩納村の海

ベントスダイバーズ、ゲストとの記念写真

ベントスダイバーズ、ゲストとの記念写真

Special Thanks

benthos_20130627
ベントスダイバーズ
http://www.benthos.info/

目の前にダイヤモンドビーチと呼ばれる真っ白なビーチのあるダイビングショップは、海に囲まれた沖縄にあっても珍しい貴重なロケーション。

ダイビングポイントは港からボートでわずか5分、遠くても20分。1本潜っては港に戻れるダイビングスタイルは、離島のイメージに近い。

陸で休憩できるのは気持ちも身体も楽であるし。 好きな本数を潜ったり、午後の到着でも余裕をもって楽しめる。

〒904-0404 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣475
TEL 098-966-1730

kijimuna_20130627
タコライスCafe きじむなぁ
http://www.omutaco.com/

ベントスダイバーズの2階と北谷のアメリカンビレッジにお店があり、ここで食べることができる「ふわっトロの卵に包まれたオムタコ」は絶品なのでぜひ召し上がれ。

ページトップへ