ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Yawatano / 八幡野

2013年夏、八幡野。伊豆屈指のスポット「おとじろう」がよみがえる!

伊豆を代表するビッグポイント「おとじろう」、5年ぶりに解禁!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
ダイビングショップ海好き
特別協力
いとう漁業協同組合
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
八幡野ウェブマガジン

「おとじろう」で知る、伊豆のダイナミズム

5年半ぶりによみがえる
あの「おとじろう」

傾斜したゴロタにはムチヤギがニョロニョロと伸び、スズメダイが群れている

傾斜したゴロタにはムチヤギがニョロニョロと伸び、スズメダイが群れている

港からおよそ15分。
明らかに沿岸部とは違う海の色を見ながら、「やっぱり、潮の当たり方が違うな~」と嬉しそうに声を弾ませているのは、ダイビングショップ海好きのふくちゃん(福田航平さん)。
あの「おとじろう」を5年以上ぶりに潜るのだから無理もない。

数あるポイントの中で最も沖合に位置し、潮当たりが良くダイナミックで、伊豆フリークやカメラマンをうならせてきた、“あの”「おとじろう」である。

そんな伊豆屈指のビッグポイントは、一時クローズしていたが、2013年夏、いよいよリフレッシュ・オープン!
オープンに先駆けて潜り、取材班が見た5年半ぶりの「おとじろう」は…。

“手つかずの海”に戻った
ソフトコーラル&サメ天国

水深20mの海へエントリーすると、とんがり帽子のような巨大根が見え、その周囲には2~3mクラスの岩がゴロゴロ転がっている。
表面にはカラフルなソフトコーラルがびっしり。
そして、まるで日向ぼっこでもしているかのように、岩の上では巨大なネコザメがあちこちでデ~ンと寝ている。

ゴロタの表面にはソフトコーラルが、ところ狭しとビッシリ

ゴロタの表面にはソフトコーラルが、ところ狭しとビッシリ

スロープ状の地形は、ロープのようなムチヤギがニョキニョキと生えているエリアを抜けると、傾斜が急激に落ち込み、先の見えない濃紺の彼方へどこまでも続く…。
中層から40~50mくらいの水底を見てみると、人の背丈ほどの巨大なウミトサカがあちこちで胸を張っている。

折り返しつつ水深を上げていくと、水深15m前後には5mクラスの大きな根が点在し、周囲をスズメダイやキンギョハナダイが群れ、根と根の間にはドチザメが1、2、3……7匹!
たまたま見た根の隙間にいた個体だけでもその数だったので、おそらく至るところにいるだろう。

ネコザメとドチザメのコラボ。長い間ダイバーが入っていなかったため、根の間は安心しきったサメだらけ

ネコザメとドチザメのコラボ。長い間ダイバーが入っていなかったため、根の間は安心しきったサメだらけ

ポイントを休ませていた効果は抜群のようで、ソフトコーラルは手つかず状態、サメ天国となり、「おとじろう」は完全リフレッシュ。
八幡野だけで1万5千本近く潜っているふくちゃんにとっても「凄いね! こんなに興奮したのは久しぶりだよ」と格別なダイビングだったようだ。

さらに、これからは回遊魚のシーズンを迎え、「おとじろう」は伊豆のダイナイズムを一手に引き受ける夏の目玉。
やや深くて流れもあるので、スキルを相談しつつ、この夏ぜひリクエストしてみてください。

「おとじろう」だけじゃない!?
お手軽ボートダイビング

ボートのタイプは漁船だが、ダイバーの使いやすいように改良してある

ボートのタイプは漁船だが、ダイバーの使いやすいように改良してある

いつでも新鮮!
ポイント・ローテーション

八幡野のボートポイントでは、ダメージの見えるポイントを順繰りにクローズして休ませる“スポット(ポイント)ローテーション”の成果で、どのポイントもフレッシュ。
「おとじろう」が5年半クローズしていたのもそのためだ。

深場には巨大なケイソンが沈んでいて、ソフトコーラルで覆われている

深場には巨大なケイソンが沈んでいて、ソフトコーラルで覆われている

勝手に夏の主役として「おとじろう」を指名したが、もちろん、ほかにも魅力的なボートポイントはいくつもある。

「おとじろう」が中上級者向けのポイントだったので、ふくちゃんに「初心者向けでオススメのポイントに潜りたい」とリクエストしたところ、案内してくれたのが「サザエ根」。
水深20mから立ち上がる巨大根の周りにはキンギョハナダイが乱舞し、根の下をのぞくと人の頭より大きな巨大なネコザメ!
港からほんの3~4分で、ボートポイントらしい迫力のワイドシーンを楽しめる。

巨大根を覆うキンギョハナダイの群れ

巨大根を覆うキンギョハナダイの群れ

八幡野といえばビーチが有名で、ボートポイントに潜ったことがないという人も少なくないが、これはとってももったいないかも。

ボートポイントでは基本的にロープ潜降

ボートポイントでは基本的にロープ潜降

伝説のネコザメ・はっちゃん

八幡野には、“八ちゃん(はっちゃん)”と呼ばれる平成元年のオープン当初から見られている巨大なネコザメがいる。
少なくとも24年は生きているので、ひょっとしたら世界の長寿記録といわれている25歳を超えているかも!?

およそ体長1.5m、人と同じくらいの頭をした巨大なネコザメ

およそ体長1.5m、人と同じくらいの頭をした巨大なネコザメ

体長は小柄な女性ほどもあり、泳ぐのはあまり上手ではなく、人間より大きい頭を揺らしてオタマジャクシみたいにえっちらおっちら泳ぐ姿がたびたび目撃されている。
「サザエ根」によくいると言われているので、潜ったらぜひ探してみてね!

Special Thanks

yawatano_umisuki_20130815
ダイビングショップ海好き
http://www.umisuki.jp/

八幡野ガイド歴20年のふくちゃん(福田航平)、生物探索にかけては伊豆随一のかわっき~(川崎寿一)、そして、紅一点のくろちゃん(黒澤未奈)の、いつもニコニコほんわかムードの3人。
全員が口をそろえて「趣味はダイビング」と言うほどの“海好き”、そして八幡野好き。毎日のようにとことん潜りつくし、生物のことはもちろん、ガイド会にも所属するふくちゃんは写真もプロ並み。八幡野の海を完全サポートしてくれること太鼓判。

ショップは港のすぐ目の前、徒歩0分という絶好のロケーション。

「生物捜索には自信がありますので、旬の珍しい生物をしっかり見つけてご案内します。そして、フォト派ダイバーが安心して撮影できるガイドを心がけています! 遠慮なく、いろいろリクエストしてみてくださいね」

静岡県伊東市八幡野827
TEL:0557-54-3057

ページトップへ