ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kume / 久米島

久米島紀行Part3

球美の島の新顔たち〜ニューアイドル・小太朗登場!〜

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Design
PanariDesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Kume / 久米島

久米島紀行Part3

球美の島の新顔たち〜ニューアイドル・小太朗登場!〜

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Design
PanariDesign
HTML WEB MAGAZINEを見る

白化がもたらした、美しい海中景観

沖縄では2016年の夏、高水温が続き、あちこちでサンゴが白化し、死滅した。

無残なガレ場になってしまったサンゴもあるが、白化は死滅寸前にサンゴたちが見せる、儚くも美しい最後の晴れ姿のようにも見える。

0301_0401_20170530-_I9A9083

実はサンゴだけでなく、クマノミたちが共生しているイソギンチャクも白化する。しかし、多くのイソギンチャクは、温暖化による白化から立ち直り、徐々にいつもの姿を取り戻してきているようだった。

このクマノミの幼魚が共生するイソギンチャクも、クマノミたちを見守りながら、復活への道を辿っていた。

Special Thanks

ダイブ エスティバン
http://dive-estivant.com

オーナーガイドの川本剛志さんは、世界の海の日本人ガイド集団「ガイド会」の会長も務める。川本さんを筆頭に、海をこよなく愛する精鋭ガイドたちが久米島の海中を案内してくれる。
ゲストに楽しんでもらうために、潮の流れを読むこと、生態観察に関して日々精進している姿勢は、「これぞ、プロガイド集団」と思わせてくれるに違いない。
久米島一の大型ダイビングボート、53フィートのyou-go号と38フィートのエスティバン1号の2隻を所有。どちらも、広々としたトイレとドライエリアがあるのがうれしい。ビギナーやシニアダイバーのケアから、データを基にした生態の解説、潮を読んで大物を当てるダイビングなど、フォト派やマニアックなダイバーのリクエストにも対応可能だ。

沖縄県島尻郡久米島町比嘉160―69
Tel.098-985-7150

ページトップへ