ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kume / 久米島

久米島紀行Part3

球美の島の新顔たち〜ニューアイドル・小太朗登場!〜

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Design
PanariDesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Kume / 久米島

久米島紀行Part3

球美の島の新顔たち〜ニューアイドル・小太朗登場!〜

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Design
PanariDesign
HTML WEB MAGAZINEを見る

初めて見た、シモフリタナバタウオの卵保護

エスティバンのガイドたちの得意技は、ただきれいだったり、珍しい生物を見せてくれるだけでなく、魚たちがどんな生活をしているかまで説明し、そしてそれを実際に海中で見せてくれることだ。

今回もさまざまな魚たちの生態を紹介してくれたのだけれど、一番興味を持ったのが「イマズニ」のケーブの中にいた、シモフリタナバタウオが窪みの天井に産みつけた卵を守っているシーン。

今回の取材で一番気になったのは、実はこのシモフリタナバタウオの卵保護だった。手前の天井にある黄色い塊が卵

今回の取材で一番気になったのは、実はこのシモフリタナバタウオの卵保護だった。手前の天井にある黄色い塊が卵

シモフリタナバタウオの卵保護は、初見だ。
「こんな風に卵を守ってるんだな〜」と、かなり長時間観察させてもらった。

「シモフリタナバタウオが卵を産んでから卵がハッチアウトするまでは、1週間!」と川本さんが胸を張る。

このほかにも、定番のヤマブキスズメダイやセダカギンポの卵保護や、イソギンチャクエビの抱卵など、相変わらず、魚たちのさまざまな生態を見せてもらった。

久米島取材では、定番となっているヤマブキスズメダイの卵保護

久米島取材では、定番となっているヤマブキスズメダイの卵保護

サンゴに産みつけた卵を守るセダカギンポ

サンゴに産みつけた卵を守るセダカギンポ

体がスケルトンなので、抱卵している様子がよくわかるナデシコカクレエビ

体がスケルトンなので、抱卵している様子がよくわかるナデシコカクレエビ

卵を守っているらしきハナダイギンポ

卵を守っているらしきハナダイギンポ

久米島にきて、毎回心残りに思っていることがある。それは、スミレナガハナダイの放精・放卵のピークになかなか遭遇できないということ。

ピーク時は、婚姻色を出して、メスにチョロチョロとちょっかいを出すオスがいたるところで見られるらしい。

今回は、潮の当たり具合なのか、数匹のオスが婚姻色を出し、挨拶程度にメスを追いかけるだけだった。どうにかこうにか撮影したけれど、水深30mオーバーなので、できるだけシャッターチャンスが欲しいところだ。

スミレナガハナダイのオスがメスに婚姻色を出してアピール

スミレナガハナダイのオスがメスに婚姻色を出してアピール

できることなら、婚姻色で美しくなったボディーを誇示するように、メスに激しくアプローチするオスたちの大饗宴を見てみたいものである。

Special Thanks

ダイブ エスティバン
http://dive-estivant.com

オーナーガイドの川本剛志さんは、世界の海の日本人ガイド集団「ガイド会」の会長も務める。川本さんを筆頭に、海をこよなく愛する精鋭ガイドたちが久米島の海中を案内してくれる。
ゲストに楽しんでもらうために、潮の流れを読むこと、生態観察に関して日々精進している姿勢は、「これぞ、プロガイド集団」と思わせてくれるに違いない。
久米島一の大型ダイビングボート、53フィートのyou-go号と38フィートのエスティバン1号の2隻を所有。どちらも、広々としたトイレとドライエリアがあるのがうれしい。ビギナーやシニアダイバーのケアから、データを基にした生態の解説、潮を読んで大物を当てるダイビングなど、フォト派やマニアックなダイバーのリクエストにも対応可能だ。

沖縄県島尻郡久米島町比嘉160―69
Tel.098-985-7150

ページトップへ