ocean+αヘッドラインHEADLINE

南の島で迎えた誕生日。祝ってもらうつもりがおごることに!?閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:
鳥取田後でのダンゴウオパーティー

※写真はイメージです

海外に行くことも多いダイバー。
記念ダイビングや誕生日を南の島で迎えて、周りに人に祝ってもらう、なんて経験をしたこともあるのはないでしょうか?

しかし!
主にアジアの国々では、誕生日は「誕生日を迎える人が皆におごる」という習慣あることをご存知でしょうか。

日本経営のダイビングショップでは、きっと誕生日の人が祝ってもらえるでしょうが、例えば、バーなんかに行って「お前は明日誕生日なのか?」と聞かれて、「まさか、俺、サプライズで祝われちゃったり?」なんて内心ウキウキしていると、違う意味のサプライズが起こるかも……。

実際、とあるバリ勤務の男性インストラクターは、行きつけのバーで飲んでいると、「お前は今日、誕生日だろ? いつもの誕生日はビール1ケースだけど、日本人だから3ケース頼んどいたからよろしく」と勝手にビールを頼まれてしまったんだとか。

フィリピンでは、同僚のローカルインストラクターから「明日、誕生日らしいね~」(ニヤニヤ)と暗に「おごれ」攻撃を受けたガイドも。
「習慣は知っていたからあえて誕生日は言ってなかったのに……」とその情報収集能力の高さに困惑(笑)。

タイの夜、お姉さんのいるお店で酔っぱらい、気が大きくなったおじさんダイバー。
カラオケで盛り上がり、思わずマイクで「今日は俺の誕生日だ、イエーイ!」と宣言したら、周りは大盛り上がり。
何か聞かれたものの、よくわからないので「オッケーオッケー」言っていると、知らぬ間にドリンクをおごっていたんだとか。
きっと女性たちには「俺のおごりだ、イエーイ!」と聞こえたことでしょう。

その他、インドネシアや台湾、韓国、一部のヨーロッパの国々などでヨーロッパの国々でも同じ文化があるんだとか。
ゴルフでホールインワンをした人がおごるという習慣に似ていますね。

祝われるより、誕生日を迎えられたことを周囲に感謝し、てもてなしたい、ということなのでしょうか。

こんな習慣の違いに触れることができるのも、ダイビング旅行の楽しい一面ですが、勝手にドリンクを頼まれちゃうのは嫌だなぁ……。

トンガの越智さん誕生日

トンガで誕生日を迎えた越智カメラマンは祝ってもらえたようです

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

ページトップへ