ヘッドラインHEADLINE

フードベストをすんなり脱ぐコツ 〜週刊スキルアップ教室 第3回〜閲覧無制限

タグ:

「手順とチェックポイント」(ページ下部)へすぐに飛ぶ

“引っぺがし”と“引っこ抜き”はNG

洋服を脱ぐように、手をクロスさせてフードベストの裾を持ち引き上げる“引っぺがし派”。
万歳した状態でエビのように腰を折りつつ、他の人に強引に脱がしてもらう“ひっこ抜き派”。

いずれも、余計な労力を使うフードベストの脱ぎ方です。
フードベストに“強引”はご法度。

フードベストをすんなり脱ぐ方法(失敗例)

強引に脱ぐと、痛いし、疲れます。ツメがはがれる原因にもなりかねません

抜け縄の要領で腕を抜く!?

フードベストが脱ぎにくい理由は、銅の横幅に合わせてジャストフィットなフードベストを、最も幅のある両肩を通過させて脱がなければならないからです。
結果、窮屈な状態のまま、多少のゴムの伸縮を利用して強引に脱がなければならなくなるのです。

■強引に脱ごうとすると……

であるならば、肩幅を狭めた状態でフードベストを脱げばいいのです。
これは抜け縄の基本であり、達人であれば肩を外して極限まで肩幅を縮めてしまいますが、ダイビングでは脱臼までは要求しません(笑)。
単純に、片方ずつ腕を抜いていくだけ。知ってしまえばとても簡単なコツです。

◎手順とチェックポイント

■フードを着た状態から片方ずつ腕を抜いていく

1. フードを着た状態から、
フードベストをすんなり脱ぐ方法(成功例)

2. 脇の部分から片腕を差し込む。
フードベストをすんなり脱ぐ方法(成功例)

3. グッと押しこむように腕を下げていき、
フードベストをすんなり脱ぐ方法(成功例)

4.めくり上げるように片腕で万歳!
フードベストをすんなり脱ぐ方法(成功例)

5.片腕が抜けてしまえば、もう片腕は楽々脱げる
フードベストをすんなり脱ぐ方法(成功例)

6. はい、すんなり脱げました♪
フードベストをすんなり脱ぐ方法(成功例)

※来週は、フードベストを着るトリッキーな裏技を紹介します!

ページトップへ