ocean+αヘッドラインHEADLINE

知ってますか?ドライスーツの正しいたたみ方閲覧無制限

THE!正しいドライスーツのたたみ方

ウエットスーツよりかさばるドライスーツ。
少しでもコンパクトに運びたいものです。

ということで、正しいドライスーツのたたみ方を紹介します。

ドライスーツをたたむポイントは、特定個所に負荷をかけないこと。
折れ曲がった部分は皺や保温力低下の原因になってしまいます。
そうならないようにするためには、角ができるように折るのではなく、曲線を描くようにふんわりたたみながら、コンパクトにまとめることです。

ドライスーツの正しいたたみ方

ドライスーツを地面に仰向けに置き、ファスナーを閉めます。

ドライスーツの正しいたたみ方

ファスナーを閉めておいた方が、ファスナーやスーツ自体の型崩れを防ぐことができ、ダイビング後の場合、内側が濡れません

ドライスーツの正しいたたみ方

ファスナーを閉めておいた方が、ファスナーやスーツ自体の型崩れを防ぐことができ、ダイビング後の場合、内側が濡れません

カカトの部分をクイッと曲げ、足の裏面がスーツに密着するように内側に折り込みます。
ドライスーツの正しいたたみ方

ドライスーツの正しいたたみ方

さらに、曲線を描くようにふんわりともうひと折り。
ドライスーツの正しいたたみ方

ドライスーツの正しいたたみ方

万全を期すなら、タオルや緩衝材でバルブを保護してから、さらにもうひと折り。
ドライスーツの正しいたたみ方

ドライスーツの正しいたたみ方

あとは、腕の部分をたためば完成ですが、2通りの方法があります。
ドライスーツの正しいたたみ方

★パターン1

片方の腕を二つ折りにしたら、もう片方の腕も二つ折りして……
ドライスーツの正しいたたみ方

ドライスーツの正しいたたみ方

完成!
ドライスーツの正しいたたみ方

シンプルにコンパクトにまとまります。

★パターン2

片方の腕を、折りたたんだスーツの内側に通します。
ドライスーツの正しいたたみ方

ドライスーツの正しいたたみ方

腕をつっこんで入れ、最後は引っ張り出して、腕が一直線になるように通します。
ドライスーツの正しいたたみ方

ドライスーツの正しいたたみ方

完成!
ドライスーツの正しいたたみ方

こちらの方が、しっかり固定され、ほどけにくい状態です。

特に電車や飛行機で移動する場合、つまり、パッキングの必要がある場合は、ぜひお試しください。

※あくまで移動の際のたたみ方で、保管するときはたたまない方が型崩れしません。

ページトップへ