【読者プレゼントあり】レゴランド®・ジャパン・リゾート併設の水族館でダイバーの仕事を学ぼう

この記事は約4分で読めます。

愛知県名古屋市にある「レゴランド・ジャパン・リゾート」。そこは2〜12歳のお子様とそのご家族が1日中思い切り楽しめる「レゴランド・ジャパン」と「レゴランド・ジャパン・ホテル」、さらには“見て、さわって、学べる”水族館「シーライフ名古屋」が一体になったリゾート施設。現在、その施設のうちのひとつ、シーライフ名古屋ではダイバーの仕事が学べるという特別なイベントを11月28日(日)まで開催中。

また、本記事の最後には、オーシャナ読者限定のチケットプレゼント情報も!とってもお得なこのチャンスは必見!

シーライフ名古屋で開催中の気になるイベント内容

シーライフ名古屋は、日本の多様な川や海をめぐる探検に出かけることができる、今までにない体験型水族館。館内はテーマごとに港や沈没船、竜宮城など11のゾーンに分かれ、今までにない新しい体験を味わえる。約150種類、3,500匹以上の生き物がいる中で、生き物の生態について学ぶことができ、子どもたちが海へ興味を抱く最初の施設を目指している。

木曽川をイメージした愛知県ならではのゾーン

木曽川をイメージした愛知県ならではのゾーン

ウミガメやきれいな色の魚、サメがいる竜宮城ゾーン

ウミガメやきれいな色の魚、サメがいる竜宮城ゾーン

そんなシーライフ名古屋では、水槽の清掃時にダイバーが活躍する。そこで本イベントではダイバーのちょっぴり危険!? な仕事を学ぶために館内にダイバークイズを掲示。クイズはダイバーの器材やハンドシグナルにまつわるものが写真とともに出題される。子供にも優しいクイズの一部をご紹介!

Q、ダイバーが水の中で背負うタンクの重さは、つぎのどれと同じくらい?
1、4歳くらいのこども
2、小学校1年生くらいのこども
3、うまれたての赤ちゃん

Q、ダイビングのすぐ後でも、していいことは次のうちどれでしょう?
1、レゴを組み立てる
2、飛行機に乗る
3、温泉につかる

また、期間中、下記の条件を全て満たすと、レゴランド・ジャパンの通年イベント「ブリックス・オブ・ザ・イヤー 2021」の第16弾限定ブロックがもらえるとのこと。
1、「レンジャーミッションパック」をご購入*、または「バックヤード体験ツアー」**に参加
レンジャーミッションパック、バックヤード体験ツアーについて>>
2、シーライフ名古屋の館内に掲示されているダイバークイズにチャレンジ*以前ミッションパックをご購入いただいた方は、パッケージ(外側のケース)をご提示ください。パッケージを確認できない場合は、誠に申し訳ございませんがご容赦いただきますようお願い申し上げます。
**バックヤード体験ツアーはシーライフ名古屋のチケットカウンターにて当日予約を承ります。各回、先着順で満席になり次第、受付終了となります。
※限定ブロックの数には限りがあります、無くなり次第終了となりますので予めご了承ください。
期間:10月23日(土)~11月28日(日)
イベントの詳細はこちら:シーライフ名古屋でまなぼう! ダイバーの仕事

また、シーライフ名古屋で活動するダイバー「ダイブ」が期間限定でシーライフ名古屋に登場。一緒に写真を撮って、思い出を記念に残そう!
期間:10月23日(土)~11月28日(日) 毎週土・日・祝に開催
時間:12:30 / 16:30
場所:シーライフ名古屋入り口付近
※混雑時には整理券が必要です。
※悪天候時は中止する場合がございます。
※イベントの内容は予告なく変更になる場合がございます。

おやこ限定3組にチケットをプレゼント!

1日にレゴランド・ジャパンとシーライフ名古屋を楽しめるコンボ1DAYパスポート」を3組(おとな1名・こども1名ペア)にプレゼント!
【応募方法】
下記のメールアドレスに指定の件名で、メールをお送りください。応募期限は、11月14日(日)まで。当選者には、メールにてご連絡いたします。発送は11月下旬から順次発送予定。
■応募先メールアドレス:info@oceana.ne.jp
■件名:オーシャナプレゼント 「コンボ1DAYパスポート」

好奇心をくすぐるような水族館で、お子様が海やダイバーに興味を持つきっかけになるのではないだろうか。この機会にぜひダイバーの仕事について学んでみよう!

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
2018年、電子部品メーカーに新卒で入社。同時にダイビングも始める。平日は広報室で社会人としての経験を積みながら、土日は海通い。次第に海やダイビングに対しての想いが強くなりすぎたため、2021年にオーシャナに転職。
現在はライターとしてネタ探しに目を光らせているが、海やダイビングについての記事を書けることに幸せを感じている。ダイビングをもっと広める!子どもたちの未来にも綺麗な海を届ける!そんな想いで日々活動している。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW