ヘッドラインHEADLINE

「サステナブル・ファッション・サークル」第一弾ポップアップストアを期間限定開催閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ

「サステナブル・ファッション・サークル」とは、「サステナブルはファッションである」をテーマとして掲げ、株式会社KURKKU(以下、クルック)が伊藤忠商事株式会社と協業して発足。

第一回目のプロジェクトとして、5人のデザイナー、アーティストとのコラボTシャツの販売を行う。

Text:Sekido Nodoka

■「サステナブル・ファッション・サークル」について

ファッションデザイナー、クリエイター、小売店が力を合わせて、「サステナブルはファッショナブルである」という価値観を広めるためのムーブメントとして、クルックと伊藤忠商事株式会社の協業をスタート。
サステナブルな商品を通じて、継続的に社会課題やその解決策を発信し、消費者に気づきや共感を得てもらうことを目的として2020年7月から始動した。

■今回のポップアップについて

プロジェクト第一弾となる今回のポップアップストアでは、5人のデザイナー、アーティストが参加し、インドのコットン農家の支援につながるサステナブル素材でできたTシャツを店舗、及びオンラインストアにて販売する。

■サステナブルに関する取り組み

・プレオーガニックコットンを使用

「プレオーガニックコットンプログラム」とは、クルックが伊藤忠商事株式会社と協業で取り組むインドで農薬被害に苦しむコットン農家のオーガニック栽培移行支援プログラム。
コットン生産者の多くは、殺虫剤などの農薬により、健康被害、土壌汚染、借金の問題を抱えてる。
「プレオーガニックコットンプログラム」では、綿の買いとり、オーガニック農法の指導、オーガニック認証をサポートするなど、生産者の課題を乗り越えられるよう支援している。

■期間

8月5日〜11日。
ポップアップストアに先駆け、三越伊勢丹オンラインストアでは先行販売、渋谷PARCOオンラインストアでは予約販売をすでにスタートしている。

■参加店舗

・伊勢丹新宿店
https://www.mistore.jp/shopping/productlist?fcd=0200151

・渋谷PARCO

(https://kaeru.parco.jp/?gclid=CjwKCAjw34n5BRA9EiwA2u9k3-WmZayJB8W1HWdN1qyoz_T9l3jscKRYlopS1mslYrJS6Tqj1_vtUBoCKxEQAvD_BwE

・NANO UNIVERSE
https://store.nanouniverse.jp/jp/

■参加デザイナー、アーティスト

・ANREALAGE
・WALNUT
・コムアイ(水曜日のカンパネラ)
・minä perhonen
・森本千絵(goen゜)

■商品ラインナップ 各¥7,920

【minä perhonen(ミナペルホネン)】
https://www.mina-perhonen.jp

下は伊勢丹新宿店限定カラー

デザイナーからのメッセージ
「サステナブルな循環を目指す時、物にだけ注力したのではかえって実現が難しくなる。物を作る仕組みの中で『人が大切に作る』というマインドをきちんと持たないと、そこから生まれたものは大切に扱われない。人が大切に作れば作られた物を大切に扱いたくなるので、無駄を出さないよう余分に作らなくなり、捨てるということも減り、使う人も作った人を想い、大切に使う。自然とそのような気持ちが生まれるようにすることがサステナブルな社会を継続することになると私たちは考えています」


【ANREALAGE(アンリアレイジ)】
http://www.anrealage.com/

デザイナーからのメッセージ
「森羅万象の円環をAtoZに置き換え、表現しました。森羅は、樹木が限りなく茂り並ぶ様を象徴しています。万象における始まりのAとおわりのZは、この円環の中で一つに重なり、アンリアレイジのAZロゴとなります。フラッシュ光をあてると、AとZ が円環の中から光と共に浮かび上がります。このプロジェクトが、閉じた円環から抜け出す光となるよう願いをこめて」

【WALNUT(ウォルナッツ)】

デザイナーからのメッセージ
「安くて手軽になんでも手に入るこの時代に、自分の選択を見直すきっかけになれたら嬉しいです。 私達は限られた資源を賢く使っていかなければなりません。まずは自分にできることから。今回デザインしたTシャツは、自立したかっこいい女性をイメージしています。 そしてファッションアイテムのひとつとして取り入れてもらえるような イラストを意識して描きました」

【コムアイ(水曜日のカンパネラ)】

デザイナーからのメッセージ
「ずっと興味があった染めの可能性を探求すべく、コットンでコットンを染めるという前代未聞のボタニカルダイを二色、試させてもらいました!プリントについては、私は絵が描けないので、ポーランドの路上で出逢ったオーストラリア人の友人、LOVEDAVID(ラブデイヴィッド)にデザインしてもらいました。彼とはずっと何か一緒にやりたかったので、ぴったりのタイミングで嬉しいです。たくさん面白いものを描いてくれたので、苦しい思いをしながら選びました。今私達が過ごしている世界で、この言葉を着てくれたらとおもいます。」

【森本千絵(goen゜(ゴエン))】

デザイナーからのメッセージ
「私たちから溢れる光を解き放つ。それらが反射しあって世の中を照らしていく。そんな想いでレフTシャツを描かせていただきました。 少しでも早く穏やかな日々を取り戻すことができますように。 待つだけでなく、自ら光となれますように。 」

様々な商品が手軽に購入できる今こそ、その価値観を見直したい。
5人のデザイナー、アーティストの想いが詰まったTシャツを手に取り、「大切に作ったものを、大切に使う」ということについて、今一度考えてみてはいかがだろうか。

ページトップへ