【ボランティア募集!】小田原城お堀の清掃2017

小田原お堀清掃2016

船も自分たちで降ろしてゴミを船に乗せていきます

2017年4月12日(水)、西神奈川ダイビング事業者安全協議会主催で、小田原城のお堀の清掃が行われます。
お堀清掃2017

2015年から始まったこちらの取り組み。
初年度は自転車やのぼり旗20~30本などが見つかり、昨年は、約1時間の清掃で、iphoneやipad、財布、金庫、のぼりなど、様々なものが見つかりました。
今年はどんなものが見つかるのでしょうか。

小田原お堀清掃2016

清掃のあとは、城址公園内でJA農協の青年部の方が炊き出しをふるまってくださり、温かいジビエ汁とおこわのごはんで冷えた身体をあたためました。
今年も昼食会は予定されているとのことで、地元の食材を使用した食事が楽しめるかも!?

小田原お堀清掃2016

2016年は炊き出しを城址公園内でいただきました

当日は9時に集合し、清掃作業は10時~11時を予定。
ボランティアの定員は20人で、申し込みは同協議会(小田原ダイビングショップ OPEN WATER内、TEL 0465-23-0037)で受け付けているとのことです。

お堀を潜るなんてめったにできない経験。
水中清掃はプロのダイバーとなり、引き揚げたものの分別作業はどなたでも参加できます。
希望者はお早めにお問い合わせください。

■小田原城お堀の清掃
○日にち
2017年4月12日(水)
○時間
9:00開始 ~11:00終了
○申し込み・問い合わせ
西神奈川ダイビング事業者安全協議会(オープンウォーター内)
TEL:0465-23-0037
○参加費
無料
○参加資格
プロダイバー(水中に限る)

コメントを残す

writer
PROFILE
成蹊大学文学部国際文化学科卒業。
ナレーター、司会、ダイビング・モデルとして、TV、雑誌、モーターショー、トークショーなどで活躍。宝くじのキャンペーンガール「幸運の女神」では、46都道府県を旅する。

2013年からは、大物運・海況運をつかさどる「海の女神」へと転身し、舞台を海に変えてオーシャナの突撃体験レポートを担当。
潜水士資格も取得し、2014年は伊豆大島復興観光大使「ミス椿の女王」として、伊豆大島をはじめとした被災地復興支援活動にも尽力する。

「ダイビングがきっかけで、物の見方も感じ方も生き方も180度変わり、自分の周りまでもキラキラ輝き出したことを実感。 
いろんなことを体験しながら、たくさんの“きっかけ”を届けていきたいです」

【経歴】
・第25期 日本テレビイベントコンパニオン
・第11~12期 スバルスターズ
・第33期 宝くじ「幸運の女神」
・第23代 ミス椿の女王(2014.2~)
・第29代「ミス熱海・桜娘」(2016.1~)