ヘッドラインHEADLINE

from セイシェル  閲覧無制限

カテゴリ:
LOCAL PRESS
タグ:

インド洋・セイシェルの旅行社Mason’s Travel(日本総代理店AMA)から
セイシェルの最新情報が届いた。
日本ではほとんど露出がないセイシェルではあるが、
筆者(ダイビング・ドット・コミュ 後藤)のある意味、原点の島。
※セイシェルで、夫と知り合った・・・(笑)
ダイビング取材ではあまり当たったことはないのだが、
ジンベエザメやマンタが現れるスポットもあり、
まだまだこれから、といった感じ。


ワールドワイドなホテルはあるものの、
素朴でのんびりとしていて、
あまり洗練されていないこと、
そして、何よりも海とビーチが素晴らしいことが気に入っていたのだが、
最近、続々と5スタークラスのリゾートホテルが建設されている。
既存のホテルもリニューアルしており、
目を見張るほどの変化。
現在、シンガポール、バンコクからAir Seychellesが直行便を運航しているが、
4月からはバンコク経由のみとなるが、
日程が日本人にも便利な8日間パターンで行けるようになる(はず)。
   バンコク発 毎週水曜 3:35  セイシェル マヘ着 7:05
   マヘ発   毎週月曜20:30  バンコク着 翌朝6:40
   (時差はセイシェルが日本より5時間遅く、バンコクは1時間遅い)
いつかはセイシェル・・・と思っている方、
近づいてきましたよ、セイシェルが!!
ちなみに、4月4〜6日のマリンダイビングフェアにも
セイシェルのブースが出展するのでお楽しみに!!
(写真)
セイシェルといえば、双子ヤシこと”Coco de Mer”(ココデメール)。
プララン島に群生している国立公園があり、
世界遺産となっている。
最新リゾートNEWS
ROUND ISLAND RESORT
セイシェルの主島、マヘ島のすぐ北西、
サンタンヌ海中国立公園の中ほど、ラウンド島がリゾートアイランドとして今年、登場する!
5エーカーの陸地が丸ごとリゾートだが、
10棟のシャレー(コテージ)のみで、
各シャレーには、プライベートスイミングプール、アウトドアシャワーなどが付いており、超デラックス。
リゾート内にはスパやウエルネスセンターもある。
食事は選び抜かれたクレオール、アジア、ヨーロピアン料理などのメニューがあり、
ダイニング以外にも、シャレーやビーチでロマンティックな雰囲気の中、とることができる。
FOUR SEASONS
マヘ島南部の隠れ家ビーチ、プティタンセを見渡せる高台に、
ワールドワイドな5スターリゾート、フォーシーズンズが2008年オープンする。
55棟のプール付きプライベートヴィラ、
2つのレストラン、ラウンジ、スパ、フィットネスセンターなどのほか、
ダイビングセンターも併設される予定。
このほか、2009年オープン予定で
Ephelia Resort of Seychelles がマヘ島のPort Launayに
Shangri-La Resort & Spa Seychellesがマヘ島沖 Long Islandに
2010年には
Emirate Cay Ternay Resort & Spaがマヘ島 Baie Ternayに
The Waterfront Spa Resort &Village がマヘ島 Roche Caiman Waterfrontに
オープンする予定。

ページトップへ