ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Andaman / アンダマン

ジンベエザメ爆発! タイ・アンダマン海

タイ・アンダマン海クルーズ

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
edive
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200707_thai_andaman_cover

タイ・アンダマン海クルーズ

昨シーズン(2006年11月〜2007年5月)の アンダマン海は、ジンベエザメの超当り年。例年1割弱というクルーズでのジンベエ遭遇率は、 同シーズン5割弱にまで急激にアップした(ediveクルーズデータより)「1998年に起こったジンベエブームと酷似した海の状況」が、昨シーズンも起こっていたという。その状況を検証するとともに、次期シーズンは、どのような表情のアンダマン海を見せてくれるのか、果たしてジンベエ高遭遇率は継続し続けるのかをWEB-LUEが独断的に予測する?

タイ・アンダマン海クルーズ

ジンベエザメ遭遇率5割の真相

「今シーズンタイ・アンダマン海クルーズ(2006年11月~2007年5月)は、ジンベエ遭遇確率が高いんですよ。通常シーズン中1割程度なのに、今年は5割近くにまで上がっているんです」。そんな情報を元に、タイのカオラックに拠点を置く、ediveのクルーズ船に乗船して、アンダマン海を目指した。ここ数年、ediveの協力を得て、私は決まってアンダマン海クルーズには、2航海乗船している。1クルーズだけでは、十分にその海の旬な魅力を伝えきれないと考えているからだ。もちろん、2クルーズ乗船したところで、100%パーフェクトな情報を伝えきれるわけでは ないのだけど。今回の狙いは、遭遇率のアップしているジンベエザメ。前シーズン(2005年11月~2006年5月)も、ediveのクルーズに2回乗船して、2度目のクルーズでジンベエザメに遭遇することができた。しかし、実はこれが自分にとって、9度目のタイ訪問で、初ジンベエ遭遇だった。通常の遭遇率が1割程度なら、その数字も決して悪いわけではないはずである。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

edive
http://www.edivekhaolak.com/

今回取材に協力してくれたのは、カオラックに拠点を置く、日本人ダイビングサービスのedive。シミラン諸島、コ・ボン、コ・タチャイ、スリン諸島とプーケット、カオラックから出るダイビングクルーズエリアを全て網羅している、タイでもっともポイントや生物に関しての知識が豊富なスタッフがそろう。10年前のジンベエ爆発も経験しているガイドが3人いて、今回の取材に関しての彼らの経験が多いに参考になった。彼らのクルーズでは、乗船中にCカード取得もできるコースがあり、通常は美しいシミランの海で、ストレス無く講習が受けられる。今回の取材でも、一人の女性が講習を受けていたのだが、講習中に、マンタやジンベエザメに遭遇してしまうという、超ラッキーな経験をしていた。若くて元気なガイドを随時募集中。興味のある方は、メールにてお問い合わせください。

ページトップへ