ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iriomote Island / 西表島

豊かなる島 西表島

豊かで美しく、そして生命に満ち溢れる島、西表。

Photo&Text
岡田 裕介
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき西表
Design
Yoshiko Murata
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201306_iriomote_325_230px

沖縄本島からさらに南西400kmにある八重山諸島。
その中でも最大の面積を誇る西表島の9割を占めるという原生林には、国の特別天然記念物「イリオモテヤマネコ」を頂点とする独特の生態系が存在する。

「日本の最後の秘境」とも評される島の海中もまた、当然のように豊かで美しく、そして生命に満ち溢れていた。

生命力溢れるシークレットガーデンのエダサンゴ

生命力溢れるシークレットガーデンのエダサンゴ

緑の生い茂る陸上から続く
海中ジャングル

僕自身、西表島でのダイビングは約6年ぶり。
それもダイビングを始めたばかりの頃に数日潜っただけだったので、しっかりと水中でカメラを持って潜るのは今回が初めてと言ってよかった。

陸上の、緑生い茂るジャングルは、滝を目指しての登山や、マングローブ林をカヤックで漕ぐなど、撮影で何度か訪れているので、ある程度のイメージを持ってはいたが、水中はこれまでまったく潜る機会が無かった。

そんな状態だからこそ、まずは感じたままの海中の姿を写真に残したいと思い、あえて今回は海中の情報を持たず、白紙の状態で西表島へ向かう事にした。

シュノーケリングで撮影したシークレットガーデンのサンゴと陸の原生林。豊かな陸と海の一体感を感じる

シュノーケリングで撮影したシークレットガーデンのサンゴと陸の原生林。豊かな陸と海の一体感を感じる

今回潜った中で、一番印象に残っているポイントを挙げるとすると『崎山アザミ』だろう。

深めのがれ場付近のカスミチョウチョウウオの群れから始まり、独特の存在感漂うオキナワサンゴアマダイ。

深度を上げいくと色鮮やかなイソバナにアカネハナゴイの群れ。
それに可愛いカクレクマノミたち。

さらに浅瀬に向かって進んでいくと、陸に向かってサンゴが広がり、その周りには、次々に驚くほど多種多様な生物が現れる。

崎山アザミの色鮮やかなイソバナ

崎山アザミの色鮮やかなイソバナ

西表島の陸上の緑豊かな自然と海中が繋がるような一体感を感じ、今回潜ったなかでも、西表島の大自然の底力のような豊かさを最も感じられるポイントだった。

初めて訪れるダイバーには、ぜひ潜ってもらいたいポイントである。

Special Thanks

iriomote_stuff_20130701
ダイビングチームうなりざき西表
http://www.unarizaki.com/iriomote/

ヴィラうなりざき、イルマーレウナリザキと2つの宿を併設。

ダイバーに優しい設計で宿泊施設、レストラン、ダイビングに向かう船着場と、その全てが徒歩数分圏内で結ばれている。 泊まった部屋から徒歩3分程度で船着き場というロケーション。ダイビング漬けの毎日を送りたいと思っているゲストにありがたい環境が整っている。

“お客様の笑顔がみたいから”をコンセプトにしたサービスはホスピタリティに溢れ、全てにおいて満足いく時間を提供してくれる。

ページトップへ