ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iriomote / 西表島

西表島のビッグスポット・オガン!

中村卓哉の心を動かした超ビッグスポット!

Photo&Text
中村卓哉
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき西表
Design
中村孝子
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201408_iriomote_ogan_325_230px

静と動のコントラスト。オガンの2つの顔

時に根にしがみつき激流に流されるのをこらえながら、回遊魚の群れを待つ。
そんなドリフトダイビングのスタイルはオガンの象徴的なイメージとして周知されている。

真横に流れるダイバーの吐くエアー、鯉のぼり状態でガイドロープにつかまるダイバー達、静寂をかき消すように目の前に現れる大迫力のイソマグロやカスミアジの群れ。

うなりざきだけが案内出来るという「三ノ根」というポイントでは、時にカスミアジの1000匹の壁に遭遇出来るという。

残念ながら今回の取材ではその10分の1にも満たない数のシルエットを確認出来たくらいであったが、ここでは2m超のイソマグロの群れに遭遇するなど明らかに唯一無二の可能性を感じるポイントであった。

オガンのイソマグロ(撮影:中村卓哉)

三ノ根のイソマグロは一際サイズが大きい

オガンの洞窟とホワイトチップ(撮影:中村卓哉)

三ノ根の通常ルートよりさらに先の未開のスポットではホワイトチップが眠る洞窟が

このように、オガン=動という印象は潜ったことの無い方でも写真を見ていただければ直ぐに伝わるだろう。

しかし、オガン=静というもうひとつの顔があることは案外知られていない様に思う。

静かなオガンのイメージを楽しめる場所のひとつ「西のスポット」というエリアがある。
2本潜った後のお昼時、風よけで停泊しながらお弁当を食べる浅場のポイントだが、私はこの場所がもの凄く気に入った。

オガンの砂地(撮影:中村卓哉)

ふわっと砂地の上を漂う

晴天の日に潜ると、真っ白な砂紋に自分の影が映し出され思わずそのまま漂っていたくなる。
ぽっかりと脱力して海とひとつになる感覚、真上にぽっかりと浮いていく呼吸、ここにはまさにオガンのもうひとつの優しい顔が存在する。

オガンの洞窟(撮影:中村卓哉)

砂地の水路を進むとそこには洞窟の入り口がある

そして水深5mほどの浅場のアーチをくぐって行くと、美しい洞窟まで存在する。
「光の宮殿」と名付けられたこの洞窟の中にはその名の通り、神々しくもある美しい光のシャワーが燦々と降り注いでいる。

オガンの洞窟(撮影:中村卓哉)

光のシャワーを浴びると一気に体がリフレッシュするような感覚に(光の宮殿)

静と動のコントラストは、オガンを唯一無二の聖域とまで感じさせる大きなファクターなのかもしれない。

オガンの洞窟(撮影:中村卓哉)

クレパスから差し込む光を浴びる癒しの空間(光の宮殿)

山の栄養が育むサンゴの森と小さな命

西表島の海は実にバリエーションが豊富だ。
サンゴ、藻場、砂地、地形、大物ポイント…etc ダイビングで楽しめる様々な環境要素を集約した海なのである。

広大な熱帯雨林が造り出す栄養分はいくつもの川を通してダイレクトに海に注ぎ込まれ、多種多様な生態環境を造り出しているのである。

とりわけ崎山の「シークレットガーデン」のサンゴ礁の美しさは奇跡と言っても過言ではない。

西表島のサンゴ(撮影:中村卓哉)

波の無い日は半水面の写真を撮影(シークレットガーデン)

青や黄色に色づくエダサンゴの森は、無限に続くハンモックの様に、デバスズメダイやネッタイスズメダイなどの魚達を優しく包み込む。
このスケールのサンゴ礁を見る事の出来る場所は、世界的にもいまや殆ど存在しないのではないだろうか。

エダサンゴの森とガレ場の境界線がハッキリと分かれた場所も存在し、サンゴの隙間に暮らすデバスズメダイ達の産卵場ともなっている。
サンゴは死んでからもガレ場や砂地といった新たな環境を生み出す事で、普遍的に命を育んでいるのである。

西表島のカクレクマノミの赤ちゃん(撮影:中村卓哉)

カクレクマノミの赤ちゃん(シークレットガーデン)

西表島のサンゴとデバスズメダイ(撮影:中村卓哉)

サンゴの上を覆い尽くすほどのデバスズメダイ(シークレットガーデン)

また、内湾性のハゼや甲殻類などマクロ生物が豊富な「T’s エリア」は、汽水域という特異な環境によって希少種達が数多く棲み分けしている。

沖縄本島では辺野古周辺でしか見る事の出来なくなってしまったネオンテンジクダイもここでは数多く生息し、口内保育のシーンにも出会う事が出来た。

昨今、沖縄全域を見ると沿岸部は都市化などにより、マングローブ、干潟などの生き物達の大切な生育場が失われつつある。
ここ西表島の広大なジャングルの恵みはそんな世の中の流れとは完全に逆行し、今や島全体が生き物達のオアシスとなっている。

西表島のコブシメの赤ちゃん(撮影:中村卓哉)

コブシメの赤ちゃん(T’s エリア)

西表島のヘコアユの赤ちゃん(撮影:中村卓哉)

ヘコアユの赤ちゃん(T’s エリア)

マンジュウイシモチ(撮影:中村卓哉)

マンジュウイシモチ(T’s エリア)

じっくりと撮影をするなら「外離南」もお勧めだ。
このポイントはワイドもマクロもどちらも素晴らしい。

浅場のエダサンゴにはノコギリダイとアカヒメジが塊で群れ実にフォトジェニックだ。
オーバーハング状の崖を下るとニチリンダテハゼ、ハナヒゲウツボの幼魚、ナミスズメダイの産卵シーンなども見る事ができた。

このポイントは時間がいくらあっても足りないので、今回の取材では数回訪れた。

西表島のカクレクマノミ(撮影:中村卓哉)

カクレクマノミの頭上をアカヒメジの群れが泳ぐ(外離南)

バブルコーラルシュリンプ(撮影:中村卓哉)

バブルコーラルシュリンプ(外離南)

西表島のニチリンダテハゼ(撮影:中村卓哉)

ニチリンダテハゼ(外離南)

西表島のカサイダルマハゼ(撮影:中村卓哉)

カサイダルマハゼ(網取浅場)

Special Thanks

unarizaki-20140818-1
ダイビングチームうなりざき西表
http://www.unarizaki.com/iriomote/

40年以上前、うなりざき荘という小さな民宿からスタートし、今や西表島を代表するダイビングショップとなった現地サービス。

経験豊富なスタッフのほか、船もオガン船、波照間船、西表船、フレキシブルな小型船まで揃っている。

〒907-1541
沖縄県八重山郡竹富町字上原10-172
0980-85-6146
info@unarizaki.com

Information

unarizaki-20140818-2
イルマーレウナリザキ

全室オーシャンビューの客室40 ルーム(シングル22 ルーム・ツイン18 ルーム)とレストラン棟を配したリゾート施設。
朝食は無料で和・洋食のバイキングというのが嬉しい。

西表島のホテル・宿泊施設 | イルマーレウナリザキ

unarizaki-20140818-3
ヴィラうなりざき

「隠れ家風リゾート」と「快適なアフターダイブ」を二つのコンセプトとするリゾート。
ダイバーはもちろん、ノンダイバーも利用可能。

西表島のホテル・宿泊施設 | ヴィラうなりざき

ページトップへ