ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Izu-Oshima / 伊豆大島

火山の島を潜る! 伊豆大島・南部で”ジオダイブ”

第23代ミス椿の女王がナビゲート!

Photo
中村卓哉
Text&Model
稲生薫子
Special Thanks
シーサウンド、ケンボーダイビング、海人(カインド)、東海汽船
Design
tomato
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ウェブマガジン伊豆大島

壮大なスケールのジオを体感!
伊豆大島のボートダイビング

大島のボートポイントは、伊豆半島のそれとはちょっと雰囲気が違います。
“ここ、どこの海だっけ?”と、一瞬自分がどこで潜っているのかわからなくなるほど、広く、青く、根やアーチ、なにもかもが、とにかく、デカイ!

大島南部で船を持っているダイビングサービスは、「ケンボーダイビング」だけなので、ほとんど誰も大島のボートポイントを潜ったことがありません。
つまり、本当の意味で未開の海が残っていて、潜るとまるで新ポイントでも開拓している気分でした。

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

健坊丸からジャイアントエントリー

水中の凱旋門!?
島民も知らない
ボートポイントは「八磯」

ボートに乗って「八磯」というポイントへ向かえば、大島随一の巨大な水中アーチを堪能できます。伊豆の踊子で有名になった「波浮の港」から八磯まではボートで約15分の距離。

エントリーすると、火口のようなすり鉢状の地形が、眼下に広がります。
南国の爽やかなドロップオフとはまた違った、良い意味で伊豆らしい風景。

“なんか出そう”

まさにそんな匂いがプンプンしていました―。

トンネルを抜けると、そこはハンマー祭りだった。

なんか出そうな予感は的中。
パリの凱旋門のように、ドーーンと構えている八磯の巨大アーチを抜けた瞬間、カンカンカンカンカンと必死にタンクを鳴らす音。
見れば、黒い塊・ハンマーヘッドシャークが100匹以上群れを成して移動しています!

ハンマーヘッドシャーク・伊豆大島(撮影:中村卓哉)

100匹リバーのハンマーヘッドシャーク

大島でハンマーリバーなんて想像していなかったのに、身体が勝手にスーパーダッシュをかけている私とカメラマンの中村卓哉さん。
それとは裏腹に「え?ダッシュするの?」と驚きの表情を隠しきれていないガイド陣。

ボートに戻り、なんですぐに追いかけなかったんですか!と問えば、「だってこの辺り割とハンマーいるからね~」と。
……なるほど、なんて贅沢。
それにしても大島南部でハンマーが出るなんて、あたしゃ聞いていませんでしたよ?(笑)

聞けば、毎年、大島では十数匹~数十匹のハンマーが連日観測できる“ハンマー祭り”と呼ばれる時期があるのですが、その時の記録を悠に塗り替えるほどの数だったそう。

南部では今季初ハンマーで、しかも100匹以上の大群なのは久しぶりだとのことで、最終的には“全くハンマーを追いかけなかった”ガイドの3人が一番はしゃいでいましたけどね(笑)

■その時の現地からのレポート

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

南部3ショップのガイド大集結!

マツバギンポ・伊豆大島(撮影:中村卓哉)

マツバギンポ

オオモンカエルアンコウ・伊豆大島(撮影:中村卓哉)

オオモンカエルアンコウ

ランチは島民も愛する鵜飼コロッケを

昼は一度波浮港へ。
港近くにある、島の子供も大好きなコロッケ屋さんでコロッケとメンチカツを買い、パンに挟んでランチタイム。
この鵜飼商店のコロッケは、私自身結構前からお気に入りで、今回もぜひ食べたいとリクエストしたんです。
こんな島時間体験も、たまにはよくないですか?

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

鵜飼商店のコロッケを頬張るシーサウンドの小川さん

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

島民も大好き鵜飼コロッケ

Special Thanks

seasound
シーサウンド
http://www.seasound.jp/
2015年1月、店舗を新たにリニューアルオープンしたばかりのシーサウンド。 いつもパワー全開のオーナーの小川修作さんは、海の中でも面白い生き物を次から次へと案内してくれ、レギュレーター越しに声を出して笑い合うことも多々。
kenbo
ケンボーダイビング
http://kenbo-diving.com/
大島南部で唯一ボートを所有するダイビングショップ。 ケンボーダイビングの船を使用し、3ショップどこでもボートダイビングができるシステム。 オーナーの佐藤健治さんは、南部のアイドル魚「はまちゃん」ととても仲が良い。
kaind
海人(カインド)
http://osima-kind.com/
民宿、ダイビングサービス、うどん屋あさみが一つ屋根の下に入る海人。 オーナーの浅見勉さんの笑顔とコシのあるうどんは、ダイビングで冷えて疲れた身体に癒しをくれる。
seaclif
シークリフ
http://www.seacliff.jp/
器材洗い場なども併設された大島南部の大型宿泊施設。 波浮港が見渡せる見晴台までも徒歩3分と好立地。
tokaikisen-tairyo-20150124-1
東海汽船
http://www.tokaikisen.co.jp/
伊豆大島へは、東海汽船で。 東京~大島間は高速ジェット船なら最短1時間45分!

ページトップへ