ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Izu-Oshima / 伊豆大島

火山の島を潜る! 伊豆大島・南部で”ジオダイブ”

第23代ミス椿の女王がナビゲート!

Photo
中村卓哉
Text&Model
稲生薫子
Special Thanks
シーサウンド、ケンボーダイビング、海人(カインド)、東海汽船
Design
tomato
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ウェブマガジン伊豆大島

伊豆大島南部のダイビングサービスはここだ!

伊豆大島には、ダイビングサービスは全部で28軒(2015.3現在)ありますが、南部でガイドサービスを行っているはそのうち3軒のみ。
でも、その分団結力がすごいんです。

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

右から、佐藤さん、小川さん、浅見さん

新店舗が2015年1月にオープン!
ピカピカのシーサウンドへおいでませ

アハハハハハ!と笑うその顔にファンも多い、シーサウンドのオーナーは小川修作さん。
2015年1月に店舗を新たにし、パワー全開。海の中でも、次から次へと面白い話題を持ってきてくれます。
「シーサウンドでは、“伊豆大島での滞在すべて”が印象に残るようなおもてなしを心がけています!
伊豆大島らしい“ジオ風景”を噛み締めながら、伊豆大島ならではの海中地形とそこに棲む生き物たちを観察する。これこそ、伊豆大島でしか出来ないダイビングスタイルだと思っています!
皆さんのお越しをおまちしていま~す!!」

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

新店舗の外観

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

ダイビングショップ内

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

新しい宿泊部屋。「お布団も全部新しいよ~」と小川さん

大島で唯一ボートダイビングができる
ケンボーダイビングへおいでませ!

ケンボーダイビングのオーナー佐藤健治さん、実は大島観光協会の現・副会長なんです。
なので、東海汽船の船中で偶然会った時には、今日はダイビング?ミス椿?なんて会話になりました。
「ケンボーダイビングは、伊豆大島でも南部ポイント『トウシキ』をメインに潜っています。
初心者から上級者までスキルにあったガイディングを提供しておりますので、ブランクダイバーの方も安心してお越しください。
ボートダイビングならケンボーダイビングへ!お問い合わせなどはご気軽にどうぞ~ご連絡をお待ちしています!」

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

ケンボーダイビングのスタッフ勢ぞろい!カッチョイイ!

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

看板は木彫りでオシャレ

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

ダイビングショップ内

あさみ&海人へ、
クセになるうどんを食べにおいでませ!

ダイビングサービス「海人」は、うどん屋あさみも経営している民宿。ダイビングも、宿泊も食事も全てが1つ屋根の下に収まっています。
「海のコンディションが良ければ、大島南北、各ポイントを潜ってポイントの違いも楽しめるようにガイドしています。
ビギナーの方には無理せずゆっくり潜り、慣れた方にはダイナミックな地形&流れも楽しめるよう、レベルに応じたガイドを心がけています。
ぜひ、自然いっぱいの大島を楽しんで、海人に遊びにいらしてください!!」

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

カレー南蛮うどんが一番好き♡

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

海人の公共の遊び場。ビリヤード

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

畳が気持ち良い宿泊施設

大人数なら、シークリフへおいでませ!

南部の宿泊施設で一際大きいホテル・シークリフ。
タンクの充填施設、器材洗い場も完備され、ダイバーには嬉しい要素が満載!
さらに、南部を代表する波浮港の見晴台までも歩いて5分圏内と、好立地。
ビールを片手に見晴台から波浮の港がライトアップされているのを見るのが好きで、取材中は何度か足を運びました。

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

シークリフの外観。団体でも泊まれます

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

清潔感もあり、広さもOK

この3ショップ、それぞれ個性豊かで全然雰囲気も違うのですが、とっても仲良し!
ショップの色も、人の色も違えど、全員が大島公認のネイチャーガイドでもあるほど大島が大好き、南部が大好きという根底にある想いは全く同じ。
取材していて本当に楽しく過ごせたのは、海や陸が面白いからだけではなく、人柄も良かったからだと強く感じました。

ウェブマガジン伊豆大島(撮影:中村卓哉)

裏砂漠で撮影を忘れてお代官様ごっこ(笑)

1年間ミス椿の女王として大島に関わらせてもらいましたが、任期中に大島の取材が出来て、また、ミス椿の女王コンテストの時に「海からも大島の魅力を発信していきます!」と公約で述べたのが実現できて、私自身とても嬉しく思っています。

■任期中に企画開催したイベントのレポート

大島のみなさん本当にありがとうございました、また近いうちに来ますね、今度は遊びで~~♪

Special Thanks

seasound
シーサウンド
http://www.seasound.jp/
2015年1月、店舗を新たにリニューアルオープンしたばかりのシーサウンド。 いつもパワー全開のオーナーの小川修作さんは、海の中でも面白い生き物を次から次へと案内してくれ、レギュレーター越しに声を出して笑い合うことも多々。
kenbo
ケンボーダイビング
http://kenbo-diving.com/
大島南部で唯一ボートを所有するダイビングショップ。 ケンボーダイビングの船を使用し、3ショップどこでもボートダイビングができるシステム。 オーナーの佐藤健治さんは、南部のアイドル魚「はまちゃん」ととても仲が良い。
kaind
海人(カインド)
http://osima-kind.com/
民宿、ダイビングサービス、うどん屋あさみが一つ屋根の下に入る海人。 オーナーの浅見勉さんの笑顔とコシのあるうどんは、ダイビングで冷えて疲れた身体に癒しをくれる。
seaclif
シークリフ
http://www.seacliff.jp/
器材洗い場なども併設された大島南部の大型宿泊施設。 波浮港が見渡せる見晴台までも徒歩3分と好立地。
tokaikisen-tairyo-20150124-1
東海汽船
http://www.tokaikisen.co.jp/
伊豆大島へは、東海汽船で。 東京~大島間は高速ジェット船なら最短1時間45分!

ページトップへ