ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kushimoto / 串本

黒潮が創り出す海のフォトスタジオ KUSHIMOTO

水中カメラマン・中村卓哉、初潜入!

Photo
中村卓哉
Model&Text
稲生薫子
Special Thanks
串本ダイビング事業組合
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
串本WEB Magazine

串本の3大アイドルに大接近!

次に向かったのは内海のポイント「備前」。穏やかで多種多様な生物が見られる内海は、ビギナーはもちろん、フォト派からも支持されている。

ここで会えるのが串本の3大アイドルたち。”癒しのアオウミガメ、驚きのイラ、賢いアザハタの三拍子といった感じだろうか。
アオウミガメはまだほんの子どもで、仕草も幼くてかわいい。こちらを警戒するというよりは、人に興味津々で顔を覗き込んできたりする。

串本のアオウミガメ(撮影/中村卓哉)

1ダイブで数個体のアオウミガメに出会える。指を出して噛まれないように

イラは、手や、落ちている石などを目の前で振ると興味を示して近づいてくる。目がキョロキョロと動き、どこを見、何を考えているのかを何となく感じ取ることができておもしろい。目は口ほどに物を言うといった感じ。

串本のイラ(撮影/中村卓哉)

興味を示し近づいてくるイラ。こんなに寄れるのは珍しい

串本のイラ(撮影/中村卓哉)

ギョロギョロと眼球が動くのでよく観察してみるとおもしろい

そして、アザハタはなんとも賢い。餌を獲るために、マクロ撮影をしている人や、その周りにいるダイバーを利用し、餌となるキンメモドキやイシモチが人から逃げるためにまとまって動くのを狙っている。「人を利用して餌を獲る術」を身に着けているのだ。

それぞれにいろいろな特徴を見つけることができるのも、これらの生き物に接近して観察できるからだろう。串本の海では、普段近くで観察できない生物たちに大接近! むしろ、魚の唇が近すぎて少し怖いくらい(笑)。

串本のアザハタ(撮影/中村卓哉)

串本では何個体ものアザハタを間近で見ることができる。フォト派はぜひ写真に収めたいシーンだ

Special Thanks

串本ダイビング事業組合
http://www.divekushimoto.com/

<串本までのアクセス>
■京都・大阪方面から
・自動車の場合
大阪から近畿自動車道・阪和自動車道・海南・御坊道路・紀勢自動車道を利用。すさみ南ICから国道42号を南下して串本町へ到着
・鉄道の場合
京都、新大阪、天王寺からJRきのくに線にて和歌山、田辺経由で串本駅下車
(特急「くろしお」乗車なら約2時間40分)

■東京・名古屋方面から
・飛行機の場合(東京からのみ)
羽田空港から南紀白浜空港、空港から路線バスまたはタクシーで白浜駅へ。特急「くろしお」 などを利用して串本町へ到着
・自動車の場合
名古屋から伊勢自動車道・尾鷲熊野道路を利用。熊野市大泊ICから国道42号を南下。新宮市から、那智勝浦新宮道路を経て串本町へ到着
・鉄道の場合
名古屋駅からJR紀勢本線にて松阪、新宮経由、紀伊勝浦駅で乗り換えて串本駅下車
(特急乗車なら約4時間30分)

ページトップへ