ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kushimoto / 串本

黒潮が創り出す海のフォトスタジオ KUSHIMOTO

水中カメラマン・中村卓哉、初潜入!

Photo
中村卓哉
Model&Text
稲生薫子
Special Thanks
串本ダイビング事業組合
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
串本WEB Magazine

アットホームな串本へ、いざ!

潮岬と潮岬灯台(撮影/中村卓哉)

中央に写っているのが潮岬灯台、左に大きく飛び出したのが潮岬、その奥がゴールデンポイントだ

串本には全部で22のダイビングショップがある(2017年10月現在)が、そのすべてが串本ダイビング事業組合に加盟。みんなで協力して、串本の海をPRし、守っていこうとしているのだ。

1本目で外海に潜りに行ったガイドに、2本目以降でエントリーしようとしているガイドから「外、ど~お~?」なんて電話がかかってくることはしばしば。こんなちょっとした横のつながりから、関西気質もあって(笑)、アットホームな印象を受けた。

▼CHECK
絶品ランチも待ち遠しい! アットホームなセンターウェルで潜る串本

今回初めて潜った串本の海をひと言で表すと“フォトスタジオ”だと中村カメラマンは言う。

「潮岬を挟んで、温帯の熊野灘と熱帯の枯木灘の海水が交わる場所に数十カ所のダイビングポイントが集まり、その両方の生態系がうまくミックスされた串本の海は、まさに海の“フォトスタジオ”。被写体の背景のバリエーションも豊富で、珊瑚やソフトコーラル、ヤギやカイメン、海藻やウミシダなど、色とりどりの環境が無数に用意されているのは、まるでスタジオセットのようだった」

さらに、今回は天候に恵まれたわけではないので、次回は太陽の光が差し込んでいるときに串本の海を、特に珊瑚を撮影してみたいとしきりに語っていたのが印象的だった。

東京からだと車で約8時間。「週末に気軽にレッツゴー!」と言える距離ではないものの、串本が関西ダイバーのメッカになるのはとてもうなずける。伊豆のダイバーにも、また、ほかの地域のダイバーにもぜひ見て感じてもらいたい。

Special Thanks

串本ダイビング事業組合
http://www.divekushimoto.com/

<串本までのアクセス>
■京都・大阪方面から
・自動車の場合
大阪から近畿自動車道・阪和自動車道・海南・御坊道路・紀勢自動車道を利用。すさみ南ICから国道42号を南下して串本町へ到着
・鉄道の場合
京都、新大阪、天王寺からJRきのくに線にて和歌山、田辺経由で串本駅下車
(特急「くろしお」乗車なら約2時間40分)

■東京・名古屋方面から
・飛行機の場合(東京からのみ)
羽田空港から南紀白浜空港、空港から路線バスまたはタクシーで白浜駅へ。特急「くろしお」 などを利用して串本町へ到着
・自動車の場合
名古屋から伊勢自動車道・尾鷲熊野道路を利用。熊野市大泊ICから国道42号を南下。新宮市から、那智勝浦新宮道路を経て串本町へ到着
・鉄道の場合
名古屋駅からJR紀勢本線にて松阪、新宮経由、紀伊勝浦駅で乗り換えて串本駅下車
(特急乗車なら約4時間30分)

ページトップへ