ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kushimoto / 串本

黒潮が創り出す海のフォトスタジオ KUSHIMOTO

水中カメラマン・中村卓哉、初潜入!

Photo
中村卓哉
Model&Text
稲生薫子
Special Thanks
串本ダイビング事業組合
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
串本WEB Magazine

本州最南端で見た世界最北の珊瑚群生

串本「オレンジハウス前ビーチ」珊瑚群生(撮影/中村卓哉)

「オレンジハウス前ビーチ」に広がる珊瑚の群生。潮位によっては珊瑚が水面近くなるのでフィンで珊瑚を蹴ってしまわないように

串本には2005年にラムサール条約湿地に登録された、世界最北の珊瑚の群生がある。

伊勢エビ網漁の関係で、毎年10/1~3/31まで串本のエキジット時間は15:00と決められているが、例外のポイントもいくつかあり、そのひとつがこの珊瑚の群生が見られる「オレンジハウス前ビーチ」だ。

堤防から近すぎて、「こんなに近いの?」と驚く。水路のような地形を抜けると突然、終わりが見えないほどのクシハダミドリイシに囲まれた。

山と海のつながりを大事にする中村カメラマンは、こうした環境は、この海が健康である証だという。

「山から河川の栄養が豊富に海に注ぎ込まれる場所にはクシハダミドリイシの森。その先には黒潮がバンバン当たり、南方の魚たちやサンゴの卵が運ばれてくる。さらに周囲を岬で覆われているため台風などに強く、黒潮によって運ばれて来た栄養が溜まりやすい場所でもある。そのような恵まれた場所だからこそ、生態系が凝縮され、さまざまな生き物が共存できる生物多様性の海が形成されている。この珊瑚群生を見て、この海が健康である条件のすべてがここに現れていると確信した」

これらの珊瑚や生態系を、未来永劫これからの子どもたちのために守っていくのも、ダイバーのひとつの使命。串本の海は言葉では語らずしも、大切なことを改めて教えてくれた。

Special Thanks

串本ダイビング事業組合
http://www.divekushimoto.com/

<串本までのアクセス>
■京都・大阪方面から
・自動車の場合
大阪から近畿自動車道・阪和自動車道・海南・御坊道路・紀勢自動車道を利用。すさみ南ICから国道42号を南下して串本町へ到着
・鉄道の場合
京都、新大阪、天王寺からJRきのくに線にて和歌山、田辺経由で串本駅下車
(特急「くろしお」乗車なら約2時間40分)

■東京・名古屋方面から
・飛行機の場合(東京からのみ)
羽田空港から南紀白浜空港、空港から路線バスまたはタクシーで白浜駅へ。特急「くろしお」 などを利用して串本町へ到着
・自動車の場合
名古屋から伊勢自動車道・尾鷲熊野道路を利用。熊野市大泊ICから国道42号を南下。新宮市から、那智勝浦新宮道路を経て串本町へ到着
・鉄道の場合
名古屋駅からJR紀勢本線にて松阪、新宮経由、紀伊勝浦駅で乗り換えて串本駅下車
(特急乗車なら約4時間30分)

ページトップへ