ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kushimoto / 串本

黒潮が創り出す海のフォトスタジオ KUSHIMOTO

水中カメラマン・中村卓哉、初潜入!

Photo
中村卓哉
Model&Text
稲生薫子
Special Thanks
串本ダイビング事業組合
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
串本WEB Magazine

中村卓哉が切り取ったカラフルな生物たち

世界中の海を潜る中村カメラマンは、初めての串本を“トップクラス”の海だと断言する。

「小さな生き物に関しても、自分たちが暮らす恵まれた環境を楽しんでいる印象がした。海藻が生える岩場に暮らすヒトスジギンポ、真っ赤なヤギに迷い込んでしまったアカメハゼ、イソバナの森にひっそりと暮らすアオサハギなど……。日本屈指のフォト派ダイバーが訪れる海ともあって、多様なリクエストにすぐに応えられるだけの生物の豊富さに驚いた」

串本のノコギリハギ(撮影/中村卓哉)

大きなウミトサカにかくれんぼする小さなノコギリハギ

串本のイソバナガニ(撮影/中村卓哉)

赤いイソバナに擬態するイソバナガニ

串本のクダゴンベ(撮影/中村卓哉)

オレンジのヤギの暖簾をくぐるように顔を見せたクダゴンベ

串本のキンチャクガニ(撮影/中村卓哉)

「双島沖2の根」で出会った大きなボンボンがかわいいキンチャクガニ

さらに、トップクラスのガイドがそうした魅力を余すことなく伝えてくれるのだという。

「どのように撮影していったら無駄なく時間を有効に使えるかを、完璧にわかってくれているガイド陣。決して天候に恵まれたわけでもないが、数日串本の海を潜っただけでこれだけのバリエーション豊かな写真を撮ることができたのは、海の力とガイドの力の双方がトップクラスの海だから。それに尽きると思う」

フォト派を魅了してやまない串本の海には、確固とした理由があるのである。

串本のタスジウミシダウバウオ(撮影/中村卓哉)

緑の草原を散歩中のタスジウミシダウバウオ

串本のダイダイオオメワラズボ(撮影/中村卓哉)

名前の通りオレンジの線が特徴的なダイダイオオメワラズボ

串本のソラスズメダイ(撮影/中村卓哉)

鏡の向こう側にいる自分を見ているかのような幻想的なソラスズメダイ

串本のセナキルリスズメダイ(撮影/中村卓哉)

沖縄以南に生息することが多いセナキルリスズメダイも串本では見られる

串本のナンヨウハギ(撮影/中村卓哉)

毎年同じ珊瑚に1匹だけで姿を見せるナンヨウハギ

Special Thanks

串本ダイビング事業組合
http://www.divekushimoto.com/

<串本までのアクセス>
■京都・大阪方面から
・自動車の場合
大阪から近畿自動車道・阪和自動車道・海南・御坊道路・紀勢自動車道を利用。すさみ南ICから国道42号を南下して串本町へ到着
・鉄道の場合
京都、新大阪、天王寺からJRきのくに線にて和歌山、田辺経由で串本駅下車
(特急「くろしお」乗車なら約2時間40分)

■東京・名古屋方面から
・飛行機の場合(東京からのみ)
羽田空港から南紀白浜空港、空港から路線バスまたはタクシーで白浜駅へ。特急「くろしお」 などを利用して串本町へ到着
・自動車の場合
名古屋から伊勢自動車道・尾鷲熊野道路を利用。熊野市大泊ICから国道42号を南下。新宮市から、那智勝浦新宮道路を経て串本町へ到着
・鉄道の場合
名古屋駅からJR紀勢本線にて松阪、新宮経由、紀伊勝浦駅で乗り換えて串本駅下車
(特急乗車なら約4時間30分)

ページトップへ