ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iriomote / 西表

星芒注ぐ、西表

                             

Photo
Takaji Ochi
Model & Text
Kaoruko Inou
Special Thanks
Diving team Unarizaki Iriomote
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Iriomote / 西表

星芒注ぐ、西表

                             

Photo
Takaji Ochi
Model & Text
Kaoruko Inou
Special Thanks
Diving team Unarizaki Iriomote
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
HTML WEB MAGAZINEを見る

東側は遺跡を思わせる光景。

東ノ根

まるでギリシャ神話のケルベロスのよう

まるでギリシャ神話のケルベロスのよう

東ノ根のこと
「オガンのはじまりは、『東ノ根』だ」。そう話してくれたのは、うなりざきオーナーの吉坊こと仲里吉一さん。すでに40年以上も昔のことだ。

「今みたいに大きい船もエンジンもなかったから、本当に天気のいいときしか来られなかった。でもトカキン、バラクーダ、ロウニン、カスミアジ、なんでも大量にぐちゃぐちゃ生息していたオガンがたまらなくおもしろくてね。それで『東ノ根』からはじまって、『一ノ根』『二ノ根』『三ノ根』ってどんどん開発していったんだよ」

当然のことだが、誰かが見つけて開発したからダイビングポイントやその歴史がある。一方で、開発した本人や長年の歴史を知っている人の話を聞くことはめったにない。貴重な話が聞けるのも、うなりざきで潜るの魅力の一つだろう。

「東ノ根」には初めて潜った。大きな根が何個も連なっているのが特徴だが、潮がその壁にほぼ垂直に当たっているときにしか潜ることができないため、運を味方につけないと体験できないポイントだ。

底の見えない亀裂の入ったような巨大な根に捕まって、回遊するイソマグロなどを見る。このポイントを初めて見つけたときの吉坊の話を自分に置き換えて想像したら、海の中で興奮が冷めやまなくなってしまった。

ダイバーのエアの動きから流れが強いことがわかる

ダイバーのエアの動きから流れが強いことがわかる

どのようにしてこんな亀裂が入ったのか謎が多いポイント

どのようにしてこんな亀裂が入ったのか謎が多いポイント

洞窟

宮殿を彷彿とさせる異空間

宮殿を彷彿とさせる異空間

洞窟ポイントのこと
運良くオガンの東側に来ることができたので、「洞窟ポイント」にも潜ることができた。洞窟内は、宮殿を彷彿させるような地形。窓辺にある石の階段に座って夜の星や景色を眺める……まるで気分は塔の上のラプンツェル。

洞窟の外に出れば、これまた階段状で、まるで海底遺跡のよう。直線的な造形が、どことなく人工物のようにも見え、もしかしたら本当に古代文明があったのではと想像が膨らむ。東側を狙えるならぜひ行きたいポイントだ。

洞窟を抜けるとさらに人工的な空間が登場する

洞窟を抜けるとさらに人工的な空間が登場する

Special Thanks

ダイビングチームうなりざき西表店
http://www.unarizaki.com

西表島最大の規模を誇る老舗ダイビングサービスで、男女ともに若くして西表でのガイド経験が豊富なスタッフが揃っている。

計4隻のボートや充実設備の宿泊施設もあり、快適なダイビングライフを満喫することができる。

〒907-1541
沖縄県八重山郡竹富町字上原10-172
Tel.0980-85-6146
Fax.0980-85-6844

ページトップへ