ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iriomote / 西表

星芒注ぐ、西表

                             

Photo
Takaji Ochi
Model & Text
Kaoruko Inou
Special Thanks
Diving team Unarizaki Iriomote
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Iriomote / 西表

星芒注ぐ、西表

                             

Photo
Takaji Ochi
Model & Text
Kaoruko Inou
Special Thanks
Diving team Unarizaki Iriomote
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
HTML WEB MAGAZINEを見る

マグロとタイガーの交錯。

三ノ根

「オガンへ行けた!」というのは、もはやうなりざきに潜りにくるゲストにとってステータスとなっている。

というのも、オガンへ行くには天気にも海況にも恵まれる必要がある。「いまとなってはうなりざきのほぼ独占ポイントとなっているにも関わらず、年間70回程度しか行くことが叶わないんです」と、メインガイドの森脇純一さんは話す。

中でも人気ポイントは「三ノ根」だ。通常のマグロよりもふた回りほど大きく成長したイソマグロやロウニンアジの群れ、運が良ければジンベエザメやタイガーシャークなどの大物生物も姿を現す。限られた取材日程の中だが、今回も奇跡的な出会いを呼び寄せることができた。

100匹を超えるイソマグロがエントリーポイントでお出迎え

100匹を超えるイソマグロがエントリーポイントでお出迎え

100匹を超えるイソマグロの編隊を撮影していると、視界の右端にマグロにしては尾が長く、ゆらりと身体を左右に振りながら近づいてくる生物がいた。

--サメだ。

視界をロックオンして見つめると……タイガーシャークだ!思わず声をあげそうになった矢先、根に捕まっていた森脇さんが「タイガー!」と叫んだ。ガイド陣もだいぶ興奮していたようだ。

タイガーシャークは、「僕もマグロの仲間になりたかったんだい」とでも言いたげな感じで、その編隊の先頭に合流。少しイソマグロと歩調を合わせて泳いでいたものの、すぐに海の彼方へ去ってしまった。

タイガーシャークがイソマグロの編隊に。これがあるからやめられない!

タイガーシャークがイソマグロの編隊に。これがあるからやめられない!

タイガーシャークはシャイと聞く。今回すぐに立ち去ったのも、その性格からだろう。恥ずかしそうに去って行く姿も、イソマグロの編隊の先頭で歩調を合わせて泳ぐ姿もかわらしく見えた。(サメをかわいいと思う感覚が一般的ではないことは百も承知だが)

「三ノ根でタイガーを目撃するのは、年に3回程度。ただ、マグロとタイガーが同時に泳いでいるのを撮影したのは見たことがないです」と森脇さん。こういう奇跡が度々起こるから「オガンに行けばすごいものが見られる」という“オガン最強伝説”があり、またオガンリピーターが後を絶たないのだろう。

イソマグロが見せる圧巻のトルネード

イソマグロが見せる圧巻のトルネード

オガン島に停泊させ「三ノ根」の海況を伺う

オガン島に停泊させ「三ノ根」の海況を伺う

大満足でエキジットするオガンリピーター

大満足でエキジットするオガンリピーター

Special Thanks

ダイビングチームうなりざき西表店
http://www.unarizaki.com

西表島最大の規模を誇る老舗ダイビングサービスで、男女ともに若くして西表でのガイド経験が豊富なスタッフが揃っている。

計4隻のボートや充実設備の宿泊施設もあり、快適なダイビングライフを満喫することができる。

〒907-1541
沖縄県八重山郡竹富町字上原10-172
Tel.0980-85-6146
Fax.0980-85-6844

ページトップへ