ダイバーがかっこ悪いわけ ~からの、こうすればかっこよくなる!~

admin-ajax

ダイバーはサーファーに比べて、華がない、かっこ悪いとはよく言われることで、その理由もこれまでたくさん聞いてきました。

ダイビングを始める人の背景は保守層であるとか、遊びの性質上見た目より実を取るとか、内面の遊びだとか、競技制がないとか、いろんなアプローチがあり、果ては「本当の格好よさとは何か」という哲学的なことまで突っ込むハメに……。

しかし、とあるダイバーさんのシンプルな言葉に、「なるほど!」と目からうろこが落ちました。
その言葉とは、

「ダイバーが格好悪いのは、姿勢が悪いからだよ」

ボードを小脇にかかえて海へ入っていくサーファーに比べて、うつむき加減の猫背でトボトボと海に入っていくダイバー。

確かにこのイメージは大きいのかもしれませんね。

筋骨隆々のカッコいいテックダイバーなんかは、タンクを背負っても背筋ピンとしていますしね。
あ、サイドマウントだからか。

いずれにせよ、姿勢をよくすることを少し意識するだけでもカッコいいダイバーに近づけるかも!?

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

コメントを残す
PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。