ヘッドラインHEADLINE

男性ゲストにモテたい 〜女性イントラ魂の叫び〜閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

Q.
お聞きしたい事があります。
よく女性のお客さんが男性のインストラクターに恋をして、
カップリングになった話は聞くんですけど、その逆ってあるんですかね??
私は伊豆で非常勤として働いています。
毎年夏になるとちょっとばかり期待してしまうんですけど、
これといって浮いた話は何も無く、言い寄られる事も無く、さみしい秋を迎えてます(T_T)
何か良い情報、もしくは「こんな女性イントラは魅力がある」的な事を教えて頂けたら嬉しいです!!
まぁ 見た目もあると思いますが・・・
■ガチャピン/女性



A.
こんばんワイン。恋の伝道師、ラブミーテンダー和尚じゃ。

まず、基本、見た目でほとんどが決まって……ゴホン。

ガチャピン殿がいうように、男性イントラとゲストの恋はいくらでもあるが、
女性イントラ(特にガイド)とゲストの恋はあまり聞かない。

イントラは頼もしい。

男女に求められている役割が違う、というステレオタイプな考え方でいけば、
「頼もしい」は男性にとっては女性に対するアピール材料となるが、
女性にとっては男性のコンプレックス材料になってしまうわけじゃ。

海の中で不安な時、
男性イントラに「大丈夫だよ」と手をつないでニコッとされれば目がハートになるが、
女性イントラにされたら「俺ってば情けないぜ……」となる。

なので、イントラ同士ってのが自然だと思うし、実際そのケースは多いが、
ガチャピン殿の要望に応えて、ゲストに恋心を抱かせる方法を考えよう。

まずは、実際に、ゲストと付き合っている女性イントラMちゃんに、
付き合うきっかけを聞いたぞ。

「潜るだけでなく、1日一緒に行動し、アフターダイビングにみんなで食事に行く中で話をして、
仕事や生き方がカッコイイと思いました。
何度か通ってくれているうちに、尊敬の気持ちも好きの気持ちも高まったとき、
あちらから告白されて付き合うことになりました」

この子は見た目も可愛いという身も蓋もないことはさておき(笑)、
この証言には重大なヒントが隠されておる! かもしれない!

ずばり、ダイビング以外で尊敬の気持ちを持ったというのがポイントじゃ。
ダイビングでは明らかにMちゃんの方が頼もしいが、
それはただダイビングだけのことに過ぎず、
そのほかの部分では、圧倒的に彼をカッコイイと思ったわけじゃ。

なので、ガチャピン殿がモテるためには、まず、ダイビング以外のこともたくさん話し、
好感をもったり、尊敬を抱いたりしたら、その気持ちを素直に伝えることが大事じゃろう。

ダイビングの土俵では勝ってしまうので、違う土俵で負けること。
負けるが勝ち作戦。

「こんな女性イントラは魅力がある」ということより、
逆説的になるが、「男性ゲストが魅力的に見える」ということが大事なのじゃ。

逆に言えば、女性イントラを落とそうと思う男性は、ダイビングの土俵に立ってはいかん。
よく、女性イントラの気を引きたくて、
スキルや知識、器材やカメラなどをアピールする男性ダイバーがおる。
女性イントラは「すご〜い」と褒めてくれるが、確実にすごいと思っておらん。
鼻の下を伸ばしている場合ではない。
そういう意味では、ダイビング以外にも精通した幅広い男性がモテるのじゃろう。
ダイビングばっかりやっていて、まったくモテないわしをなめるなよ!(号泣)

まあ、あとは手軽に、ボディタッチや胸チラという、
キャバクラ嬢作戦という手があるがちと安っぽい。
しかし、安っぽいが、結局これが一番絶大な効果を発揮するという事実を
男性を代表して言っておかねばならん(国歌斉唱)。

ガチャピン殿、ぜひ作戦を実行に移して、その成果を報告してくれ。

これを読んでいる真面目なオーナーさんには
「惚れた腫れた言ってないで、イントラとしてしっかりしろ!」と怒られるかもしれんが、
わしは応援するぞ。なんせ、今日のわしはラブミーテンダー和尚じゃもの。

(※管理人まこ:話、半分以下で聞いておいてください……)

ページトップへ