ヘッドラインHEADLINE

テラ編集長と私閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

こんにちは。須賀潮美です。

父・須賀次郎がダイビングの黎明期を振り返る連載「ニッポン潜水グラフィティ」を、
現在発売中の『月刊ダイバー』12月号から始めました。
日本に初めてスクーバが登場した頃の貴重な写真などもあります。
ぜひ(買って)読んでください。

さて、今回は先日のテラの日記「Dコミュ隊員と僕」で
私のことを書いたものへの返信です。

寺山君と初めて会ったのは、彼が大学3年生の終わり頃、
一学年上の先輩たちの「追い出しコンパ」の時だった。

その頃私は、すでに卒業して10年以上経ち、
学生とほとんど接点はなくなっていたが、
古参OBから「今年は参加せよ」と指令を受け、久しぶりに参加した。

ダイビングクラブの学生なら、ダイビングを職業とする先輩には
いろいろ聞きたいこともあるのではと答える気満々でいたものの、
学生たちは突然現れたOGと何を話していいのか分からないらしく、
まったく会話が噛み合わない。そんな中、唯一会話が成立したのがテラだった。

ダイビング業界や旅行業界に興味があるらしく、
私の仕事は楽しいかというようなことを聞かれた。

仕事となれば楽しいことばかりではないけれど、好きで始めた仕事なのだから、
愚痴めいたことは一切言わないと決めている私は、
どんなに楽しいか、どんなにやりがいがあるのか、いい部分だけを話した。

そんな話をしたこともすっかり忘れていた1年後、
テラから1枚のはがきが届いた。
私の話を聞き、ダイビングを仕事にしたいと思い、
水中造形センターに入社した。今後もよろしくお願いします。
というようなことが書かれていた。

ダイビングを仕事にしたい、テレビの仕事をしたい、
ライターになるにはどうしたらいいのなど、
後輩や若い人に相談されることは少なくないが、
親身になって答えても、その後はまったくお礼も近況報告もないのが当たり前。
それなのに、テラは進路相談を受けた訳でもなく、
飲み会の雑談に過ぎなかったのにお礼状まで送って来るなんて。

「なんて礼儀正しい、偉いヤツなんだ!」

この時、テラ青年の好感度は200%に跳ね上がった。
その後、テラは『マリンダイビング』で、
私は『月刊ダイバー』にいたことから仕事で接点はなかったが、
ときおり誌面で金ピカの変な格好をして潜るテラ、
下ネタ満載の「スキルアップ寺子屋」などを目にすると、
私にあこがれて入ったと言っていたけれど、
果たして彼は幸せなのだろうか…とふと不安になった。

けれども、今ではレジャーダイバーなら誰もが知る人気者であり、
サイトを主催し、スキル本まで出すほどの活躍ぶりを私も誇らしく思う。

テラよ、いろいろ大変なこともあるでしょうけれど、
好きなことを仕事にしてよかったと胸を張ってがんばってほしい。
 

ページトップへ