西伊豆のダイビングポイント、田子島が4か月間の期間限定オープン!

田子島(提供:シーランドダイビングサービス)

西伊豆の田子にある、期間限定ポイント田子島が、期間限定で今年もオープンしました!

田子島は、流れはさほど強くないですがドリフトスタイルのポイント。
ブイからエントリーし、エキジットはシグナルフロートを上げて浮上することから、ドリフトの講習にも使われたりもします。
私自身、ドリフト講習をしたのも、初めてシグナルフロートを使用したのも田子島でした。

田子島は何といっても魚影が濃いことが特徴的。
1年のうち8か月もの間寝かせているので、海がとても元気です。

田子島(提供:シーランドダイビングサービス)

シーランドダイビングサービスの山本賢郎さんに、このポイントについてお聞きしました。

―――田子島の魅力は?

「島に近づけば浅く、遠ざかれば深くなるので深度の調整がしやすい。初心者はなかなか田子の外海を潜れないかもしれませんが田子島なら潜りやすいです。水中は別名“お花畑”と呼ばれる圧巻のソフトコーラル群! 様々なトゲトサカ、イソバナ、ウミウチワなどが水中を彩ります。また、浅場には伊豆では珍しいテーブルサンゴも多数みられ小魚たちの隠れ家になっています。何より、5月から9月の4カ月の限定オープンなのでクローズ期間は人が入らないので水中は元気いっぱいです」

田子島(提供:シーランドダイビングサービス)

―――これから夏にかけて海の見どころを教えてください!

「夏にはキビナゴ、タカベ、イサキなども大群であらわれ時にはそれらを追いかけてイナダ、ワラサ、シイラなどの回遊魚も出現します。
去年からはアオウミガメの目撃も多数。トビエイもしばしば見られます。

もちろん、マクロも充実。ウミウシはコンシボリやボブサン、南方系のコンガスリ(昨年)。
ウスイロ、ボンボリイロ、サガミイロ、ムラサキウミコチョウなども多く見られます。
甲殻類はイソギンチャクがたくさんあるのでアカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビなど。ここ数年はカイカムリの人気が高く様々な帽子をかぶったカイカムリが発見されています!」

田子島(提供:シーランドダイビングサービス)

透明度がかなり良いので、いつもの伊豆とは少し違った雰囲気を楽しめるはず。
初心者でも潜りやすいポイントなので、潜ったことのない方はぜひ!

■写真提供:シーランドダイビングサービス

コメントを残す

writer
PROFILE
成蹊大学文学部国際文化学科卒業。
ナレーター、司会、ダイビング・モデルとして、TV、雑誌、モーターショー、トークショーなどで活躍。宝くじのキャンペーンガール「幸運の女神」では、46都道府県を旅する。

2013年からは、大物運・海況運をつかさどる「海の女神」へと転身し、舞台を海に変えてオーシャナの突撃体験レポートを担当。
潜水士資格も取得し、2014年は伊豆大島復興観光大使「ミス椿の女王」として、伊豆大島をはじめとした被災地復興支援活動にも尽力する。

「ダイビングがきっかけで、物の見方も感じ方も生き方も180度変わり、自分の周りまでもキラキラ輝き出したことを実感。 
いろんなことを体験しながら、たくさんの“きっかけ”を届けていきたいです」

【経歴】
・第25期 日本テレビイベントコンパニオン
・第11~12期 スバルスターズ
・第33期 宝くじ「幸運の女神」
・第23代 ミス椿の女王(2014.2~)
・第29代「ミス熱海・桜娘」(2016.1~)