企画展「よみがえる軍艦 エルトゥールル号の記憶」

大阪で開催中のダイバーにオススメの企画展を紹介する。

よみがえる軍艦 エルトゥールル号の記憶
〜日本とトルコの絆〜
http://www.jikukan-ogbc.jp/turkey_event.html

意外と知られていないトルコと日本の絆。

発端は、明治23(1890)年9月16日、
オスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」が、
台風により和歌山県串本町大島沖で座礁したことに始まる。
乗組員の多くの命を落としたが、地元住民の救助活動によって69名の命が救われた。
この出来事は、日本とトルコで語り継がれ、今日に至るまで有効の証となっている。

平成20年より、エルトゥールル号遭難海域の水中で発掘調査が行われ、
今回の企画展で発掘された遺物を展示するとともに、
水中考古学を取り巻く様々な活動を紹介される。
また、発掘調査が行われていた串本沖やトルコの海中の様子を3D映像など、
ダイバーが楽しめる企画も盛りだくさん。

発掘調査の水中撮影を担当し、企画展にも協力している
水中カメラマンの赤木正和さんに企画展の見どころを聞いた。


http://akagi.image.coocan.jp/

  トルコのエーゲ海は、海洋考古学の発祥の地。
  企画を通じて、海洋考古学のおもしろさを感じていただければ嬉しいです。
  会場では、発掘現場の様子を3Dで見ることができ、臨場感を味わうことができますよ。

  また、トルコのダイビング事情が紹介されていたり、
  そもそも企画展が行われいる「なにわの海の時空間」自体が海洋博物館なので、
  ダイバーは飽きることなく楽しめるのではないでしょうか。

赤木さんの写真展が同時開催されており、
毎週日曜日には赤木さん自らが企画展を紹介するギャラリーツアーが行われる。

ダイバーの方、必見です!

■10月4日(火)〜11月6日(日) ※毎週月曜日休館
■大阪市立海洋博物館「なにわの海の時空館」展示棟1階 企画展示室
※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.jikukan-ogbc.jp/turkey_event.html

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/