ocean+αヘッドラインHEADLINE

フィリピンの殿様スタイルならケーブダイビングでも楽々! セブ島で潜った「キャッシルケーブ」閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート

オーシャナ読者の皆様、お疲れサマンサ!
最近、妙に、狭くて暗い所が恋しくてたまらない石井でございます。
今回もセブでのケーブダイビングについて報告させていただきますね。

21362735_1668130449925585_136826630_n

今回ご紹介させていただくのはセブ島の北西部(マクタン島の反対側)の街バランバンの近くにある、「キャッシルケーブ」です。
前回と同様、Jaimes Dive Center(ハイミーズ・ダイブセンター)さんにお世話になりました。

また、Filipino Cave Divers(フィリピーノケーブダイバーズ)のバーニルさんにも同行していただきました。
フィリピーノケーブダイバーズはフィリピンでケーブを探索・開拓しているグループ。
今回のキャッシルケーブも現地との交渉等からはじまり今に至っています。

セブ市内から山を越え
「キャッシルケーブへ」

ハイミーさんのお店のあるマクタン島からの出発です。

スクリーンショット 2017-09-07 13.42.26

セブ市内を抜けて山越えのルートになるため、早朝5時のまだ街が暗いなか出発。
市内を抜けるとぬけると、ここがセブ? という感じの、伊豆や箱根のような山道の光景が続きました。
ちょっとさびれた街も通りましたが、少し懐かしい感じもしましたね(笑)
山道の途中で朝日を迎え、早朝の港町バランバンに到着。

21325725_1668130413258922_1552216080_n

スクリーンショット 2017-09-07 13.41.27

バランバンの街で朝食を済ませ、水などを調達したらいよいよケーブに向けて出発。

舗装路を抜けると、未舗装のワイルドな道路が続きます。
雨季ということもあり、水害のようなみずたまりもちらほら。

道中小さな村を抜けると一面にマンゴー畑が広がってきました。
天候にも恵まれたせいか、気持ちのよい青空の下にマンゴーの木。
いつもとは違うフィリピンでワクワクします。

21363001_1668130426592254_1193475962_n

器材運びがなくて楽々
フィリピンの殿様ダイビングスタイル

マンゴー畑の脇に車を止め、いよいよダイビングの準備。
バーニルさんが先に入り口近くを案内してくれました。

大きな川の横にある小さな川、普段は現地の方が洗濯や水遊びで使っているらしいです。
その小さな川の源流となる所ところが「キャッシルケーブ」の入り口。

21362789_1668130419925588_330273979_n

若いころによく釣りで野山に行ったのですが、まさにそのような場所。
フナやブラックバスがいそうな雰囲気ですね。
川のサイドは護岸整備されており、タンクや器材を置くには最適な環境です。

案内のあと、バーニルさんはそのまま林の奥へ。
しばらくすると現地の方たちと一緒に戻ってきました。

バーニルさんが雇っているポーターの方たちで、セッティングを終えた器材やタンクを水際まで運んでくれます。
フィリピンでは、いわゆる「殿様ダイビング」といって、器材を運んでくれたり、場所によってはセッティングもしてくれるショップがほとんど。
なんとケーブダイビングもそれが適用されるよう。
もっと大変な環境を想像していましたが、とても快適に楽しむことができます。

透明度が悪いながらも、
ケーブダイバーしか見れない景色
「キャッシルケーブ」

ケーブの中をご案内していきましょう。
といってもこちらも、前回のパーウッドケーブ同様そこまで長くありません。
ただ、最大深度が-40mとちょっと深め。
上は-0mのエアポケット、下は-40mと、長さのわりに上下の幅が広いです。
まず1本目はエアポケットを目指し、その後-30mほどまで進みます。

21325737_1668130409925589_1995548060_n

水深1m程の池を進むと、水深6mまで落ちる穴にぶつかります。
ここが川の源流らしく、緩やかですが流れを感じます。
途中は倒木が水路を塞いでおりますが、サイドマウントであれば楽勝(笑)

またその先もかなり狭く、サイドマウントでなければ大変かもしれません。
ただ、バーニルさんからも事前に説明があったのですが、前日の大雨で透明度が極端に落ちているとのこと。
数日前は良い透明度だったそうです。
レックダイビングはともかく、ケーブダイビングは良い透明度であってほしいですね。

途中、何度かせまいところを抜けると、視界は1m以下に。
プライマリーラインを頼りに、先へと進みます。

すると、水深15mほどで二手に別れるに箇所に到達。
ここからはエアポケットを目指すため、ゆっくり浮上します。
ただ、透明度が非常に悪く、先頭ダイバーのライトも見えません。
ダイコンとラインを頼りに慎重に進みます。

ついにエアポケットに到着。
意外にも中は広く、そして高さもありました。
表の景色からは想像できない光景、不思議です。
おそらく(いや絶対)、この水場で暮らす現地の方々も、中にこんな景色があるとは思いもしないでしょう。

21360810_1668130429925587_1437070265_n

エアポケットの見物を済ませたら、ゆっくりと潜降します。
今度は悪い透明度に加えて下のダイバーの吐く泡も加わり、ますます視界は最悪に……。
ダイコンを見ながら慎重に潜降します。

あとは深場を目指して進むだけ。
見えた範囲でのイメージですが、ここのケーブは縦長に感じました。

途中、何度が天井の低いところを通ります。
その際に水底を確認しましたが、場所によってはシルト(堆積物)が溜まっていました。
ただ、流れがあるわりには細かいシルトです。
川の源流なので砂が多いイメージでしたが、ヘドロのような細かいシルトも見受けられました。(透明度が悪かったため、全体を把握できておりませんので悪しからず……。)

ある程度進んだら、先頭のバーニルさんからターンのサインが出て、出口に向かってUターン。

1本目が終了で、減圧停止のあと、浮上すると早速ポーターの方々がお迎えに。
水面でタンクを外すと、そのまま水際まで持っていってくれました。
とても楽ですね。

水面休息時にはコーヒーをいただいたりしてのんびり過ごします。
いつのまにか現地の方が店を出していました(笑)

ケーブダイビングは
無理しないことが大切

2本目は最大深度の行き止まりまで進みます。
ただ深度を考慮して、酸素を使った加速減圧をしました。

ルートは1本目と同じで、やっぱり変わらずの透明度……。
途中、化石っぽいのがあったのですが、よく確認できませんでした。

21325872_1668130416592255_1165871866_n

途中までは同じルートということもあり、今度は順調に進みます。
また、1本目にはちゃんと見なかった周囲の環や地形も確認(透明度はめっちゃ悪いけど)、なんとなくケーブの概要がイメージできました。

ダイコンは-40mに近くなった所で、先頭のバーニルさんからターンのサイン、もう少し先を見たかったですが、深度と透明度が悪かったのでそのまま出口に向かいます。
レジャーダイビングでももちろんそうですが、ケーブダイビングはそれ以上に無理をしないことが大切です。

出口付近でちょっとお仕事(笑)
入り口付近のプライマリーラインの張替えをちょっとだけお手伝いさせていただきました。
ラインの張替えは初めてだったので、さすがにドキドキ。

21325681_1668130406592256_1453245134_n

水深6mでの酸素減圧を終え、そのままエキジット。
あいにくの透明度でしたが、それでもフィリピンでのケーブダイビングを楽しむことができました。

撤収も現地ポーターの方に運んでもらって楽々。
このあとはバランバンの街で遅めの昼食をとり、マクタンの帰路につきました。

今回セブでのケーブダイビングでお世話になったハイミーズ・ダイビングセンターのハイミーさん、フィリピーノケーブダイバーズのバーニルさん、大変お世話になりました。
おかげさまで、楽しく安全にケーブダイビングができました。
ありがとうございます。

左:ハイミーさん 右:バーニルさん

左:ハイミーさん 右:バーニルさん

いかがでしたか?
2回にわたってフィリピンでのケーブダイビングを紹介させていただきました。
サイドマウントを始めていなければ、おそらくここまでケーブダイビングにのめり込まなかったでしょう。
ケーブダイバーだからこその、貴重な体験をさせていただきました。

リゾート地セブでケーブダイビング!
なんと場違いな響きでしょう(笑)
もちろん、セブ滞在中は一度も海に潜っていません! ダイバーなのに(笑)
でも、こんなことができちゃうのもダイビングの魅力の1つ、そしてサイドマウントの可能性の1つなのですよね。

次回はMyホームグランド、スービックのレックダイビングをご紹介させていただきます。
もちろん、サイドマウントで!

フィリピンのケーブには牛がつきもののようです……。

フィリピンのケーブには牛がつきもののようです……。

写真協力:Filipino Cave DiversJaimes Dive Center

ページトップへ