ヘッドラインHEADLINE

日本在住の外国人ダイバーへ! ~沖縄3泊4日レポーター募集~ 沖縄県事業『リゾートダイビングアイランド沖縄形成事業』閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

いつまでも眺めていたく なるような美しさ

世界に誇る日本の海、ダイビングアイランド・沖縄。

その魅力を世界のダイバーに伝えるべく、海外と日本の両方の視点を持つユー2名を、沖縄ダイビング3泊4日レポーターを募集します!

ダイビングが大好きな、日本在住の外国出身のダイバーの方、応募をお待ちしています。

美ら海「ケラマ」で癒され、
沈船「エモンズ」でアドベンチャーダイブ!

ダイビングは、沖縄本島発のケラマと、本当北部に位置する沈船「エモンズ」を予定。
※海況により変更する場合もあります。

那覇から西に40kmに位置する、大小20あまりの島々から成るケラマ(慶良間諸島)。
国立公園に指定された、透明度抜群のサンゴ楽園は、生態系が豊かで癒しのダイビングから回遊魚ガンガン、まで幅広いダイビングを楽しめます。

古宇利島沖の水深43mの海底に眠る、USS EMMONS(エモンズ)は、日本屈指の沈船ポイントとして知られています。
ゼロ戦の特攻による生々しい跡が残る、全長106mの巨体を巡るダイビングは大迫力!

USS Emmons エモンズ

第二次世界大戦末期、日本軍の特攻機によってダメージを受け、秘密漏洩を防ぐために米軍自らの手によって沈められた駆逐艦エモンズ

日本人ダイバーと外国人ダイバー

日本の海を楽しむ外国人ダイバーの皆さん

沖縄ダイビングレポーター概要

日程 2016年9月27日(火)~30日(金)
ダイビング ・28、29日の2日間、計4本予定
・沖縄本島(沈船)とケラマを予定
ダイビングレポーターに含まれているもの (費用のかからないもの)
・航空券(往復) ※出発地→那覇空港への往復便 出発時間・グレード等は指定不可
・宿泊(3泊)
・食事(27日:夕食、28日:朝食・昼食・夕食、29日:朝食・昼食、30日:朝食)
・ダイビング費用(ダイビングサービス、タンクレンタル等)

(費用のかかるもの)
・国内旅行保険
参加される方は上記の旅行保険に加入頂きます。

※上記以外で発生する費用に関しては負担頂きます

応募条件 ・日本在住で外国籍を持つ (日本に帰化した方も可)
・Cカード所有で自分のことは自分でできるスキルを持つダイバー (40本以上、ディープダイビング経験者、アドバンス以上及びコンスタントに潜られている方)
・ご自分の器材一式を持っている方(ダイビングコンピュター含む)
・Webサイト「オーシャナ」、「ダイビングアイランド沖縄」内記事およびプロモーションへの露出OK
※オーシャナより編集長・寺山とカメラマンが同行取材します。
・感想やアンケートなどの提出
・利用しているSNSによる情報発信
応募要項 タイトルを「沖縄ダイビングレポーター募集」とし、以下項目をご記入の上、下記アドレスまでご応募ください。

(記入項目) ※参加者2名分の情報をお知らせください。
・氏名
・住所
・年齢
・電話番号
・出身国
・ダイビング本数
・Cカードランク
・前回ダイビングを行った日
・メールアドレス ※携帯アドレス不可
・海外・日本でのダイビング歴
・簡単なプロフィール(日本在住の理由など)
・応募理由、意気込みなど
・利用しているSNSの個人アドレス(FacebookやInstagramなど)

(添付いただきたいもの)
・ 顔がわかる写真(画像)
※ご応募いただいた情報は沖縄県事業「リゾートダイビングアイランド沖縄形成事業」の一環で使用します。

応募先 tour@oceana.ne.jp
募集定員 2名
募集期間 2016年9月9日(金) 12:00まで
抽選結果発表時期(予定) 2016年9月12日(月)
注意事項 ・台風などの天候不良によって飛行機運行不可の場合や、海洋環境の状況によってダイビングの安全性が担保できない場合は中止となる可能性がありますので、ご了承ください。

<リゾートダイビングアイランド沖縄形成事業概要>

今回の取り組みは沖縄県事業「リゾートダイビングアイランド沖縄形成事業」の一環で実施しております。リゾートダイビングアイランド沖縄形成事業は、ダイビングを目的としたダイバーの誘客による沖縄県観光産業の振興を目的に、受入体制整備と誘客促進の施策に取り組んでおります。平成26年度沖縄県観光統計実態調査によると、56万人(国内観光客含む)が沖縄での滞在中にダイビングを行っており、外国人観光客約98万6千人のうち約5.6%がダイビングを体験しているとの結果が出ております。そのように、ダイビングを目的として沖縄を訪れる外国人は増加傾向にあるものの、世界的なダイビングディスティネーションとしての沖縄の認知度は未だ低いということが課題です。この事業では、インバウンドダイバーの受入整備、それに基づくWEBサイト、プロモーションツールの整備等を行い、世界に通用する『リゾートダイビングアイランド沖縄』の形成と認知度の向上に取り組んでおります。

ページトップへ