ocean+αヘッドラインHEADLINE

キモい!いやカワイイ!水中の寄生虫を愛するパラサイトラバーズ写真展閲覧無制限

カテゴリ:
水中写真
タグ:

皆さん、この写真を見てどう思いますか?

写真/重城のり子

写真/重城のり子(Julia)

口の中から何かがこっち見てるし~(≧▽≦)

クマノミの中からこちらをジッと見つめる宇宙人のような彼は、いわゆる“寄生虫”(=パラサイト)。
そのネーミングからして、真っ当な人生(?)を望めるべくもなく、むしろ忌み嫌われる存在です。

そんな寄生虫を愛する“パラサイトラバーズ”の面々が、2013年6月3日(月)より、世界初かもしれない(⁉)、寄生虫にテーマを絞った写真展を開催します!

■期間:2013年6月3日(月)より8月のお盆前後まで
■場所:ダイバーの集まるBar 新宿マリング

パラサイトラバーズは寄生虫の魅力を熱く語ります。

「誰もが眉をひそめるグロテスクな風貌。そして、人に迷惑かけている一方、ホスト(宿主)がいないと生きていけないと言う、繊細かつ危うい一面も併せ持つ生き様が素敵!」

「生物のライフスタイルとしては明らかに王道から外れた、いわば隙間産業を細々と生き抜くのが寄生虫のライフスタイル。そのため、あの手この手で進化してきた創意工夫が、バラエティに富んだ様々な形態で見られるのも寄生虫の魅力の1つです」

「アイドル系のクマノミやカエルアンコウが『陽』だとしたら、寄生虫は確実にアンダーグラウンドの影を生きる『陰』の存在。この辺のブラックさがまた、私の心を鷲づかみにして止まない」

ってか、カエルアンコウのオデコにコアラいるし~(≧▽≦)

写真/重城のり子

写真/重城のり子(Julia)

寄生虫にキュンと萌える人も、背筋がゾクゾクする人も、パラサイトラバーな夏のひと夜をお過ごしください。

【出展者】
会 長:白石拓巳  (Aquariusdiver’s セブ島)
ガイド:田中幸太郎 (Concolor 八丈島)
ガイド:多羅尾拓也 (ネイチャー石垣島DS 石垣島)
ガイド:中野大樹  (潜水屋DAIKI 田辺)
ガイド:那須弘幸  (Blue Water Divers 石垣島)
ガイド:西村直樹   (Pole Pole Dive 柏島 )
ガイド:原崎森    (もりとうみ 屋久島)
一 般:会田幸宏  (唯一のコンデジ+クローズアップレンズ4枚使用者)
一 般:植松利晃  (大瀬フォトコングランプラー)
一 般:佐藤光則  (D800をこよなく愛するフォトグラファー)
一 般:澤田仁    (Nature’s Best Photography Japan 水中写真部門優秀賞)
一 般:重城のり子  (海のお絵描き写真集「FACE」の著者)
一 般:西村欣也   (ダイブネットフォトコン第二回グランプラー)
一 般:森下直伸  (串本海中フォトコンテスト受賞)
「パラサイトラバーズ」

カテゴリ:
水中写真
タグ:

ページトップへ