ニューカレドニア北部州 ダイビング放浪記

New Caledonia/ニューカレドニア

北部を回る、ニューカレドニア第一弾!

Photo&Text
越智 隆治
Deisign
Panari Design
Special Thanks
ニューカレドニア観光局、ニューカレドニア北部州観光局、エアカラン、REVE BLUE CALEDONIE、BABOU COTE OCEAN、Tieti Diving
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

New Caledonia/ニューカレドニア

北部を回る、ニューカレドニア第一弾!

Photo&Text
越智 隆治
Deisign
Panari Design
Special Thanks
ニューカレドニア観光局、ニューカレドニア北部州観光局、エアカラン、REVE BLUE CALEDONIE、BABOU COTE OCEAN、Tieti Diving
ocean+α BLUE Magを見る

ニューカレドニア北部州 ダイビング放浪記

ニューカレドニア、クマック&プーム(撮影:越智隆治)

区画され、整然とした町並みは、ニューカレドニアの田舎町としては珍しい

ニューカレドニアの空の玄関口、トントゥータ国際空港に降り立ち、そのままレンタカーでグランドテール島の北に車を走らせる。
目指すは、同島を取り囲むように連なる美しいサンゴ礁のバリアリーフ。
2008年に世界自然遺産に指定された同国のバリアリーフ、そしてその内側に広がるラグーンを潜りまくる旅が始まる。
北東部のヤンゲン、ポアンディミエは、5年前、初めてこの地を訪れた時に潜り、サンゴの美しさに魅了された。
そして、今回の旅では、新たに北西部のクマック、プームの2箇所をくわえた。

ニューカレドニア、クマック&プーム(撮影:越智隆治)

建物に描かれた壁画

今回の旅を通して、僕は増々ニューカレドニアの海の魅力にハマってしまったようだ。
その一部をここに紹介しよう。