久米島紀行Part4

Kume / 久米島

ーモンツキの島ー

Photo & Text
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Edit
Satomi Kikuchi
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Kume / 久米島

ーモンツキの島ー

Photo & Text
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Edit
Satomi Kikuchi
Design
Panari Design
ocean+α BLUE Magを見る

この記事は約2分で読めます。

忘れてはいけない生物とポイントはこれだ!

久米島(撮影:越智 隆治)

人懐っこいアオウミガメの小太朗(メス)は健在

昨年のウェブマガジンで大きく紹介したカメの小太朗(メス)。反響が大きく、多くの方からあれからどうなったのか聞かれるが、今も健在とのこと。今回は「モンツキ村」に時間をかけたので会いに行くことは叶わなかったけど、今でもフレンドリーさは変わらないとか。

また、久米島の豪快ワイド系ポイントの代表と言えば、なんといっても「トンバラ」。春先にはイソマグロの群れ、夏には抜けるような久米島ブルーの海、冬のシーズンにはハンマーヘッドシャークの群れなど、季節によって楽しめるものが変わってくる。エスティバンでは潮の流れを読み、ベストな流れでのダイビングを心がけている。

久米島(撮影:越智 隆治)

「ウーマガイ」や「シチューガマ」ではキンギョハナダイが群れる

久米島(撮影:越智 隆治)

鳥帽子岩のような「トンバラ」

久米島(撮影:越智 隆治)

潮の流れをチェックして、潜るポイントを決める

久米島(撮影:越智 隆治)

「トンバラ」の豪快な岩肌

FOLLOW